So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
FFXIII,XVなど ブログトップ
前の5件 | -

FFXV COMRADESを少しプレイしてみた [FFXIII,XVなど]

COMRADESのメニュー画面

PlayStation Plusに加入していると「マルチプレーヤー」(オンラインプレイ可能)の一択しかないのかな?
 とりあえずこれしか選択できないのでクリックしてスタート。
実は次もメニュー画面でカメラ視点や振動機能の有無など本編のSAVEデータを参照しているようで、FFXV本編と全て同じ設定になっていました。
ダウンロードからインストールまで予想していたより短時間で完了しました(約10分)たぶん、昨日のver1.18(こちらは約25分もかかった)にCOMRADESの一部の内容が含まれていたのでしょうね。

本格的なキャラクタクリエーション

うは!・・・・だよw オンライン専用のFFXIVより詳細な調整が出来て、キャラクタの命名はカナ・漢字など日本語フォントも可能で至れり尽くせりといった感じ。お世辞でなく1,980円の追加コンテンツと思えないです。

アラネアに似せたキャラにしたかったのですが、同じ髪型がないのでちょい似程度? アラネアの素顔・・・ゲーム内では頭装備を外す場面がなかったと覚えてるので、ネットで検索してみたら・・・ライトニングに似てるね(ライトニングより色気があるw)どうりで・・人気キャラなわけ。
キャラクリに1時間かかったょ。作り込みに集中していて、時計を見たら1時間越えていたw
キャラクタメイクは開始後もレスタルムでフル機能で変更可能なので、思いのままに調整できます(どっかのゲームみたいに課金する必要はないw)
最初はレスタルムの街までチュートリアル(強制進行)

クエスト「光の戦士」は移動中のトラックがシガイと遭遇する場面で発生し{ここでキャラクリが出来ます}レスタルムの街に入るとクリアになりますが、報酬がなんにもニャいw 所持金0ギルからのスタート(当然LV1だよww)
バトルはゴブ、トウテツなど数体の雑魚と数回のバトルが発生しますが能力がかなり低く抑えられていてNPC3人との4人PTなので、まず失敗はないと思います。ラストの鉄巨人だけコル将軍が参戦して5人PTとなるのであっけなくバトルは終わりました。

COMRADESはFFXVの番外編
かなり遊べそうな予感。サーバーはルシスに強制的に放り込まれましたが、プレーヤーが増えたら選べるようになるのか、FFXIVみたいに割り当てになるのか不明。ちょっとだけプレイしてみましたが、刀と双剣(ダガー)がデフォルトで使え、本編のように4つの装備をバトル中でも任意に切り替えて戦えるのはGoodですね。でも、本編と違いオンラインゲーム特有の『楽に進めさせない』仕様が随所に見られます。

クエスト後の獲得経験値 どうやらリザルト画面で見れる戦績も関係しているっぽい(高成績だと獲得経験値のゲージがたくさん回る)11/16にLV7まで上がりましたが、攻撃・被ダメ・回復で1位になった時にゲージの1/3くらい一気に回って上がりました。
対象の防衛クエがクリアできない場合 クエスト推奨LVより上のLVに上げてから行くと楽にクリアできます。「飼い慣らせない騎獣」が意外に難しく(アレイコーンの移動が速い)初回失敗w LVを上げ、角を狙って足止めしつつ倒したらクリアできました。後半に出てくるホブゴブリンは・・・力任せで撲滅するww
手裏剣 DQHのジュリエッタが使うブーメランとほぼ同じ感覚。敵モンスから離れている場合は遠距離武器としてブーメランのように投げて使い、近距離なら双剣のように両手に持って攻撃。魔法属性が付いた武器が多いのでセットしておいて損はないと思います。

続きは序盤の様子です



共通テーマ:ゲーム

サブクエスト「最愛の相棒へ」 [FFXIII,XVなど]

これは隠しサブクエ??

デイブからドッグタグを改修する一連の依頼(サブクエ)が全て終わったのですが、メルダシオ協会本部にサブクエ有りの水色アイコンがまだ表示されていたので行ってみたら・・・
←ハンターのデイブでなく、アサシンズ・フェスティバルに出てきた テロリストw キャラクタと同じですね。
サブクエストの名称は「最愛の相棒へ」、クリア後にPlayStationのトロフィーが獲得できますが、トロフィー名は「悲恋の幕引き」となります。
全く攻略サイトを見ず10/17にクリアしたのですが、今日(10/22)調べたらこのクエストもLV99メリュジーヌも今年7/31のVer1.13アップデートで実装されたのですね(新ボスとも言われていますが、あくまでもサブクエストでの討伐対象です)
場所はヴェスペル湖南西の岸辺

メリュジーヌは分類上<シガイ>となるので、夜間限定のクエです(クエ自体はいつでも受けられます)
キャンプで食事をすると翌朝になってしまい時間送りが面倒なので、メルダシオ協会で食事をしてそのまま「討伐に向け しゅっ、ぱぁ~つ!」
不用意に近づくといなくなる

レガリアを降り、チョコボで移動。ゲンバに近づくと遠くからでも解るのでチョコボを降りて、近づいたらいなくなりましたw
遠目に見ても、相手が「蛇型の魔物」というが解ります。画面にヒントが表示されるので、近くで待てば再び姿を現すのでバトル開始となります。

即死級の往復ビンタ攻撃w

シヴァ召喚で美女対決だ~
メインストーリーのラスボス(アーデン)戦より何倍も楽しかった
メリュジーヌってFFVのボスキャラだったのですね。FFXVでは石化、毒ブレスを放ち物理攻撃も強力な強敵です。ただ、反撃のチャンスが多くあり、例えば往復ビンタ攻撃の後はパリィカウンターがほぼ100%ラッシュリンクとなるのでタイミングよく〇ボタンを押せばダメージが稼げます。メリュジーヌはLV99ですが、魔導アーマー[アングルス]などと違い、比較的短い時間で倒せるように設定している感じでした。

:接近戦攻撃を仕掛けていると、掴まれて往復ビンタを喰らうことが多かった(お仕置きされるノクト王子、、なんか見ていて笑えたょww)髪の毛がガラガラ蛇、胴体も蛇が巻き付いている・・・まさにヘヴィー級の蛇女。
:夜間なのでここに来るまでシガイのウルフラマター×4体などを逃げずに倒してきて、4体目は召喚のエフェクトが入ったのですが、こんなことだろうと予想して召喚は温存しておいたらシヴァが助っ人に来ました。メリュジーヌは氷属性には強いのですが、それでもLV100ダイアモンドダストで一気にHPの半分以上削れました(このクエは4人ともLV100で行ってきました)

この調子でオメガウェポンやキングベヒーモス、オーディーンなども追加実装してほしい!!
 ・・・・メリュジーヌってこのサブクエ用にたった1回しか出てこないわけ? なんか怪しい。11月に延期されたFFXVオンラインで対決できる予感がしなくもない(オンライン用に強化されて4人PTでも死人続出とかになったりしてw)

続きを読む



共通テーマ:ゲーム

見応えがあるFFXIIの帝国軍空中戦艦 [FFXIII,XVなど]

ビュエルバに帝国の主力艦隊が集結

夜間はすごく見応えあるシーンでまるで宇宙戦艦みたい(魔道エンジンが露出していない艦なので、そう見えてしまいます)
帝国軍の空中戦艦

アルケィディア帝国軍 第8艦隊 旗艦リヴァイアサン。ファイナルファンタジーシリーズの中でもXIIに登場する空中戦艦が一番メカっぽくクールに見える。
←HD版になってPS4ならではの画質ですね!(艦内の照明までこの位置から見える程、凝ったグラだと思います)
そして。旗艦リヴァイアサンは暁の断片が暴走し、複合崩壊を引き起こしてしまう・・・様々な対策がされた新造艦シヴァを除く全艦が消滅・・・(誘爆に巻き込まれ駆逐艦などは爆砕・・・と某アニメで見るような末路)
もうすぐ自由に行動できる

リヴァイアサンの艦内に捕らわれてしまった御一行ですが、アーシェ王女救出後パンネロも戻ってきて、ようやく自由に行動できる。

よからぬ独断は身を滅ぼす

内部から大爆発を起こしたリヴァイアサン
ストーリーを楽しむFFXII
空中戦艦リヴァイアサンの艦内でのバトルから、王墓で魔人ベリアス(一応、召喚獣ですw)新造艦シヴァでのウオースラ(最初からアーシェを騙すつもりだった)打倒までテンポよく進み、FFXVと対象的だと感じています。

左:予備知識も何もない軍人(ギース)が独断で未知の力を使ってしまう場面。暁の断片で天下が取れるとでも考えたのだろうか?
右:結果、リヴァイアサンは爆砕してしまい、誘爆が誘爆をよびこみ第8艦隊全滅・・・まるで某アニメのシーンを見るようで物語の展開とムービーは面白かったです。

現代の狩りゲーとしても十二分に楽しめるFFXV、ストーリー展開が面白いFFXII、同じファイナルファンタジーでも対照的なのがなんともいえない。
FFXII ゾディアックエイジはジョブ制になったため初版より難度が高い。敵が強くなったとかでなく、使える魔法が限られてしまっているのでベリアス討伐前にケアルラさえ詠唱できなく、不便でイライラする場面もあります。
サポートジョブ(第二ジョブ)習得は・・・当分先でしょう。ライセンスボード+というのを埋めないとサポジョブが取得できない(FFXIのサポジョブより取得するのが大変かもね)→ LV20前後で取得できました。

FFXIIはゴルモア森林に到達しましたが、装備品調達のためモブハンド(Dランク)なども進めてギル稼ぎ中。クアールの毛皮が高く売れるのでLV上げも兼ねてゴルモア森林の入口付近がよいのですが、LV22、23では乱獲するのがちょいきついかな。理由はここの敵は状態異常攻撃を多用してくるから。その割にZAではエスナがまだ覚えられず、しかも使えるキャラ(ジョブ)が限定されてしまっているのでアイテムを使うしかない。
FFXII初版のHD化の方がよかったかも。ZAは同じ内容なのに難易度が高いのでなく、めんどくさくなっています><


共通テーマ:ゲーム

PS4版 FFXII を少しプレイしてみる [FFXIII,XVなど]

FFXII ZA(ゾディアックエイジ)受取ってきました

初回特典付きでオリジナルBGMが貰えるプロダクトコードが記載された紙が入っていましたが、これは土曜日にでも貰っておきます。
特典より映像と音声の方に関心大なのでさっそくディスクをPS4に入れたら、HDDへのインストールは廉価版のPS4スリムでも瞬時に終わります。
やはりPS2版と違いオンライン対応になっていて、インストール後に早速バージョンアップされました(強制です。この処理をしないと起動しません)
新たなマップ表示方法が便利

マップはタッチパッドを押すことでマップ専用画面となりますが、PS4版では新たにL3(左スティック押し込み)で画面中央にスーパーインポーズされ、キャラクタの位置が自動表示されます。他のマップに移動すれば自動的に切り替わりるのでいちいち再セットする必要もなく、邪魔なら再度L3で非表示となり使い勝手が良い(FFXVにもこの機能があったら便利だったのに)
PS2版の雰囲気のままHD化された感じ

てっきりFFXVのようなグラフィクスになったのかと想像していましたが、PS2版当時のままのグラフィクスの状態をフルHD化した感じです。
←ラバナスタの街を歩くビエラ族。PS2ゲームプレイにも対応していた初期PS3をトリニトロンテレビ(HDもどきなEDとかの仕様)で見たときとは大違いではっきりした輪郭で綺麗です。
画質に関しては過度な期待は禁物
FFシリーズでもHD化されたタイトルが増えてきましたが、中でもFF零式 HD版は見違えるほど綺麗で誰でもフルハイビジョン化されたのが解る程でしょうが、今回のFFXIIは当時の雰囲気を残してフルHDテレビでプレイしても問題ない程度のレベルと言えるでしょう。
パッケージ裏面にはPS4 Proにも対応している記載がありますが、どうも常時4K画質じゃないっぽい。『一部の映像表現が強化されます』と記述されています。
PS4用のコンフィグ

Dual Shock4はPS2用Dual Shock2と機能面でも異なるので、これは新たに作成したのでしょう。
←自分が使いやすいように選択可能、音声も基本音量をここで調整できるので使用するAVシステムに合わせセッティングできます。
思っていたよりサクサク進む
PS2版で2周したので序盤の召喚獣マティウスまであっという間に終わりそう。これからストーリーを進めるのに必須なモブハントで『はぐれトマト』(LV1ww)の討伐に向かうところです。
FFXIIが初めての人が注意するのは、LVに見合わないマップにもほぼ自由に出入りできる点。LV一桁でゼルテニアン洞窟とか・・・「死にデジョンw」 確定。

当blogでは攻略ネタでなく、要所だけを取り上げアップする予定です。攻略に関しては攻略wikiが充実しているので、そちらを参照してください。

続きは、11年前のタイトルがなぜか新鮮に見えるなど



共通テーマ:ゲーム

FFXVクリアしました [FFXIII,XVなど]

長いエンディングのラスト

認定書が貰えます(って画像ですw)アーデンとのラストバトル前にゲーム内で撮った写真を選ぶイベントがあるので、一番思い出になるような一枚を選びました(だから、認定書の画像はプレーヤーそれぞれとなります)
FFXV関連の記事は進行状況に関係なく、攻略がやや大変だった章とか不満な点などを今後更新してゆく予定です。12/22にクリアして、やっと解放感に浸れました。 やはり他のゲーム(MHF-Z)とのプレイ時間の兼ね合いもあるので、これでどちらも自由に遊べる (^_-)-☆
ハッピーエンド??

FFシリーズって、たいていは悲しいエンディングが多いですが、FFXVは最後の最後にハッピーな雰囲気のエンディングが見れました。
ただし、これはストーリーからルナフレーナやノクトの運命を見ていると《別な世界》と思いました・・・・
剣神バハムート

シヴァ、バハムートと非戦闘でゲットできます。戦って得られるのは最初のタイタンと最後のイフリートのみですが、いずれもイベントバトルで倒さない限りストーリーが進まなくなってしまうので、今作の召喚獣は殆ど苦労せずゲットできますね。
王都は東京の新宿をモデルとした感じ
最終決戦で王都へ向かうと地下道を通って目的地に移動しますが、よく見ると動く歩道、緊急出口の案内、看板が日本語の飲み屋w 新宿駅から都庁方面に向かう時によく見る光景だよw

逃げ惑うイフリート

氷神シヴァ
:イフリートとのバトル途中でバハムートが召喚できますが、これは必ず発生するイベントバトルでしょう。なんかイフが逃げ惑う後ろ姿がホームレスみたいで哀れww
:今作のシヴァは自分の意思で出てくるとか? 炎の魔人と対をなす、FFシリーズではお馴染みの氷の女王シヴァ召喚!技の名称は表示されませんが、ダイアモンドダストでなく絶対零度を使うような感じですね。

 ☆ FFXV 今後の展望
SQUARE ENIX公式FFXVのWebサイト内のアップデートロードマップの 長期目標に驚くべきことが書いてあります。 『オリジナルキャラを作成してゲームを遊べるようにする、アバターシステムの追加を検討します』

これはFFXIVと同じように自分のゲーム内キャラとなるアバターを作成してFFXVが遊べるということでしょう。FFXVはシーズンパスでオンラインプレイが開放されますが、現時点ではイオスの世界を舞台として自由にPTを組んで遊ぶのではなく、限定的なイベントでオンラインプレイが可能となるらしいです。 アバターを作成して自由にオンラインプレイが可能となればFFシリーズとしては第三のオンラインプレイ対応FFとなる可能性もあるわけで、高い関心を持ちました。
まだPlayStation Storeで確認していませんが、12/22は無料版も含めた追加コンテンツがリリースされる?PS4を起動したらプログラムをVer1.03にアップデートする通知がありました。

続きは、「帰郷」・王都決戦・1のキングベヒーモスまで



共通テーマ:ゲーム
前の5件 | - FFXIII,XVなど ブログトップ