So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

オンラインマルチプレイが楽しいMHW [MHW]

冥き河のカロン(イベントクエスト)

素材集めでイベクエのゼノに行ってみました。イベントクエだからもっと強いのか、逆に狩りやすいのか? 興味津々でしたが、フリークエと殆ど同じ能力でした。
慣れとは恐ろしいもので・・・

ゼノジーヴァも4戦目となり慣れたので戻り玉でキャンプに戻るのも一回で済むようになりました。
←「ほぉ~れ、弾丸でもお食べ」w 何か食べたそうだったので真正面からお口に向かって貫通弾連射ww
無死でクリア!

ゼノ第一ステージでは、真上に落下する岩がある場所の下で上手く誘導するとマップ境にある壁にぶち当たり、その振動で岩が落下する「自爆攻撃w」も出来ました。
ブレスは横へ回避、防具も最終強化済で直撃されても死ななく、安定して立ち回れるようになりました。螺旋ブレスは本体の足付近に回避すれば全くあたりません。
遠距離ジョブでも中途半端に離れるのが一番被弾率が高くなるパターン。接近戦ジョブ同様に本体近く(側面が比較的安全)で攻撃、状況によって回避すれば支給品の回復薬で充分戦えます。ゼノのビーム攻撃で地面が焼け一時的に溶岩地帯と同様な場所が出来ますが、これも「火やられ状態」の対策をして無効化してしまえば、かなり楽に戦える相手です。
お手伝いでいろんなクエストに参加中

「爆ぜる鱗を超えた道」のPTに初参加

初めて狩猟笛で参加
:Lボウガン・グルゴレットの叫喚が完成したので初めて任務クエであるバゼル×2体同時のクエのお手伝いに行ったのですが、主さん1死&お手伝いさん2死で失敗><
お手伝いで参加するなら《余力をもって戦えるレベル》で参加してほしい。助っ人役が足をひっぱちゃダメです!
:咆哮【大】無効(=高級耳栓スキル)が一回の演奏で発動できる狩猟笛が完成して旋律も覚えたので下位ディアブロスのクエにお手伝いで参加。こちらは主さんが2死してしまいましたが、もう一人のお手伝いさんも防御力が高い防具を装着していたと思われ、ブロスの地中からの突き上げでも余裕で耐えていました。ムカつくディアブロスに高級耳栓+気絶無効で行ったら楽でしたw(ざまぁ!
MHF-Zでもそうですが、モンハンモンスって演奏しているとなんでムキになって攻撃してくるのでしょうねw(フラグでもたつの? ・・・カプのオンゲーだから、、バイトが操作してるかもw)
任務クエのダオラ

双剣・氷炎剣ヴィルマフレア作成のため鋼龍の突角3個必要なのでダオラ連戦していますが、テオと違って「判定がおかしいんじゃないか?」ってくらい頭破壊が非常にやりにくい。4人PTでもまだ一度もドロップしてなくソロ・PTで気長に狩り続けます。
宝玉などは出やすい

ダオラはレアな装飾品が出やすいので装飾品集めには向いていますね。3/21はソロ狩り2連戦+PTで6連戦。
←耳栓スキルが発動する防音珠って存在したのね。でも3つ足で耳栓+1しか発動しないので、仮に5個集まったとしてこれを5個も使うのは現実的じゃない。
MHWのクシャルダオラは竜巻が発生すると残時間が長く怒り時は直径の大きな竜巻で視界も悪くなり非常に戦いにくい極悪仕様(特に古代樹のクエで、狭いマップでは回避中心にしないと例の気絶wから連続攻撃で何もできないままキャンプ逝きになる)PTで全員無死で倒せたのは1回だけでした。

BGMはダオラ専用のアレンジ曲で、BGM最初に戻るときのつなぎ曲がFFXIIの一般ボス戦のBGMの一部に似ていて(聞きなれている人ならすぐわかると思います。リングドラゴンなど召喚獣でないフツーボス戦のBGM)非常にノリのよい曲。テオもアレンジBGMでMHWでは連戦しても耳障りにならないように考えたのかな(この点は評価できると思っています)
任務クエのテオテスカトル

PTでのテオは任務クエ1回と荒地に出てくるテオ3回行きました。立ち回りが上手い人たちと組めたので全て死人なしw の好成績でクリアです。
テオは各素材が出やすい

宝玉も含め、尖角や尖爪などドロップ率も悪くはないのでテオ系の装備は作り易いと思います。
←頭破壊しやすいので尖角は集め易い。
ボウガンでも準後衛として戦える

アイテムが充実してくると硬化弾・鬼人弾も余裕でストックできるので、これらの弾と回復弾が撃てるボウガンならバックアップも惜しみなくしています(アタッカーの人たちは大変だからね。これ以外に粉塵なども強敵相手なら惜しまず使っています)
予想に反してダオラとテオならテオの方が戦い易いですね。 上で書いたようにMHWのクシャルダオラは竜巻が長時間残るため戦いにくい。ダオラはソロで大剣でもやってみましたが、竜巻のせいで戦いにくい。マップは龍結晶の地の方が戦い易く、隆起も多い古代樹では視界も悪く連戦には向いてないですね。


共通テーマ:ゲーム