So-net無料ブログ作成

PS4の今後の面白そうな新作って? [ゲーム(その他)]

隻狼(SEKIRO)

フロム・ソフトウェアの新作。公式PVなのにコメントできるようになっているので(珍しい)、ざっと見てみたらガイジンさんばかりで、niho2とかEdo DarkSoulとか書いてあるw
仁王が和風ダークソウルっぽい内容でしたが、ストーリークリア後の内容は死にゲーでなく”無理ゲー”。Demon's Souls、DarkSoulを手がけてきた本家が作るタイトルだから期待しちゃいます!
6/15 GAME Watchに「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」プレビューが追加されたので見ました。メーカーも違うので仁王とは別な戦国死にゲー。大橋の上で戦う(弁慶が般若の面をかぶったような)敵って、頭の大きさと体がアンバランスであまり怖そうな感じがしませんが、たぶん?強敵なんでしょうね。
デモソなどと同じくアバターって好みに作成できるのか?(固定なのか?)、遠距離武器で手裏剣が使えると書いてありますが、火縄銃w も使えるのか?続報にも注目したい。
公開されたPV第一弾を見た限り、相手は忍者や武士だけでなく ダークソウルみたいな化け物もいる。戦国時代の日本が舞台となっていますが、仁王と違うのは相手が妖怪でなく、織田や徳川など具体的な武将もいなく、地名もはっきりしていない架空の世界です。GAME Watchさんにスクリーンショットが多数載っているので参考にしました。 スケール(キャラや建物の比率)が仁王より大きめなので、隻狼の方が和風ダークソウルという感が強い(2019年初頭の発売予定)

PS4は和風な 戦国死にゲーw が熱い!!
6/14 GAME Watch 「Ghost of Tsushima」プレビューも見ました。
開発中でしょうから画面隅に表示されるマップやアイテム、ゲージ類など全く表示されていないので、長いムービーかと思いましたが、ゲームプレイ中の動画ですよね? 最初に思ったのが、移動から戦闘(いわゆるチャンバラアクション)まで非常にスムーズに移行しているので「どうやって操作するのか?」ということ。鎌倉時代の日本が舞台となる、ガイジンさんたちがディレクターとなる作品。発売日・価格とも未定ですが、かなり面白そうな予感。
●仁王2も開発がスタートしたと発表がありました。まさに戦国クソゲーw死にゲー対決ですね!(個人的にはフロムの隻狼をプレイしたい)
修正:JUSTCAUSE 4の日本語版(PS4・X One・PC)はSQUARE ENIXから発売予定
16時過ぎにGAME Watchの記事が更新されていて、見たら”3”と同じくスクエニが担当して日本語版が発売されます!(日本語版の発売日・価格とも未定)
PV見ました。超絶爆破野郎wのリコ、またまた戦闘ヘリやロケランを駆使して大暴れ。PVを見るとグラフィクスはPS4に合わせた高画質、ストーリー(?)はJUSTCAUSE 2に近い(似せた)ように見えました。
”3”は面白かった・・・(もうblogは削除してしまいました)ですが、途中の洞窟を抜けた先の港で、3場面で構成されたストーリーがバグで進まなくなったのでこの時点で諦めました。なぜかストーリー用のSAVEデータが2つ出来てしまい、確かマップから選択できる仕組みだったと覚えていますが、どちらをクリアしても進めなくなったのです。
北米で12/4発売ということは、日本でも同じくらいの時期に発売されるんじゃないのかな。もちろん、”4”はプレイするつもりです。

続きは、FFXIVとMHWの夢のコラボが今夏実現!



共通テーマ:ゲーム

海上マップで遊んでみた [黒い砂漠]

ついに海洋進出!

錬金からも作れますが、面倒なので”いかだの登録証”(2万S)を買って練習船として遊んでみました。
←ベリア村のNPCクロウのメニューを見たら武装パーツが売っているので、大型船を買うか作り上げて戦艦のように改造できるのかな?
上の画像のとおり、一番安いオンボロいかだを買って海上マップへw
船はマウント扱いで、船のストック(港で係留)や乗船から操作まで”馬”と同じです。目的を設定すればいかだでも自走できるので便利。耐久力がなくなり沈没wしても、近くの街や村に自動移動する仕組み。地形バグで進めなくなっても”脱出”を選べば近くの街や村にアバターは移動できます(船は遠距離回収しなければならない)
命名すると所有できる

登録証を所持した状態でクロウに話しかければ船に変えてくれるので、名前を付ければ自分の所有物となります(厩舎と同じ仕組み)
←”おんぼろ”と入力してMS IMEで変換したら候補に《オンボロイド》って出たのでそのまま使用w
どれどれ、、乗り心地はどんな感じだろ

・・・・・ドラゴンズドグマ・ダークアリズンで黒呪島へ最初に行く時に乗るいかだ以下(洒落じゃないw)
ゲームだから転覆などはないw でも、いかだは近場で「釣り」に利用する程度でしょう(遠くの島に行くようなレベルじゃない)
ある意味カルチャーショックなマウント
徒歩やダッシュ以外の移動手段となるマウントが存在するゲームではチョコボ、ハイテクマシンのレガリア(FFXV)、魔導アーマー(FFXIV)、捕獲した機械獣(HZD)・・・と高機能な乗り物ばかりだったので、ここまでシンプルかつ原始的だと逆に新鮮だょw
例によって何も知らない敵と戦ってみたら・・・

最初2人組を相手したらHPの削られ方が尋常じゃないので高LVの敵と判断、逃げたのですが方向が悪く敵が3人になった時点でアウト>< 体感的にLV65以上だろうと思いました。
後で調べたら、コックスウォーリアってこのあたりの島をねじろとしてるコックス海賊団の一員で プレーヤーLV51からの相手らしい(公式ではLV63達成の挑戦課題とか)
う~ん・・・・俄然ヤル気が湧いてきた!!
この手のRPGは陸上でLV10未満で遊べるマップであっても、近くにある島に行くと突然敵のLVがかけ離れている事が多い。 2つ目の島に敵がいるのが右上のマップからわかったので、試したら予想通り高LVな相手(例によって画面に赤色文字で警告が出ました)
 島を占拠してる海賊どもは護衛船を武装して艦砲射撃で一気にブチのめせないのかな?w  左下のログに「・・・が殺されました」ってしばらく表示されていたのがムカついたので、必ずリベンジしてやる!! 戦艦もどきな武装船の製作もしたいけど、作れるのかな?
メインキャラでカルフェオン近くの”ゾンビ”(バイオハザードもどきな感染した住民)が大量にいる場所でストーリーを進めたら、この海賊に話がつながる雰囲気になってきました。

黒い砂漠を半月程プレイしてみた感想
日本のゲームでビックタイトルのオマージュ(フランス語で尊敬する作家や作品に影響を受けて、似たような作品を創作するという意味)という印象。
ただね、黒い砂漠は「基本無料のアイテム課金」という意味でDDONと比べるとDDONの悪い部分がほぼない。例えばアイテムストックの倉庫は各町や村に空家を借り倉庫代わりにしてゆけばあまり困らなく、ポーチはクエストクリアやストーリー進行で拡張される(最大192スロットまで無料らしい)

LV50過ぎると途端に経験値が稼ぎにくくなります
経験値+100%付きの初心者・復帰者サーバーはLV50以上でも入れるので利用していますが、プレミアムコース7日もつけて常時経験値+200%にしても、LV48~LV51くらいの雑魚狩をしても小数第一位か二位が増える程度ww

6/18 ”黒さば” は4日ぶりに続けてみた
今ってPS4の「これ」といった遊びたいタイトルがないので、とりあえず闇の精霊の通りにストーリーを進めたら、無料で使えるメイド(NPC)が貰えました(”昔”は課金NPCだったらしく、今でもすぐ使えるメイドが何体か販売されています)
LV51のLV上げは骸骨を30体、90体狩るクエが骸骨が大量にいるマップ入口付近の”私は魔女でない”というNPCから繰り返し受けられるので、これを利用してLV52に上げました(骨と骸骨狼はナマズマンより火力が低いので楽に大量に倒せる)召喚ボスは岩でできたカニまで進みましたが、ここまではLV48くらいが対象なので、これも楽勝です。更新が緩慢ですが、そのうちアップします。

続きは、巨大なナマズマン「クベ」に行った時の様子です



共通テーマ:ゲーム