So-net無料ブログ作成
検索選択

DDONシーズン1.2のストーリークリアしました [DDON]

DdON01.jpg メインクエスト「偉大なる錬金術師」

いよいよシーズン1のラスボスである ディアマンテス と決戦の時が来た! LV55推奨のクエストにLV41のエレメントアーチャー(自分)、プリースト、ハンター、レンタルポーンのみLV59ファイターという構成。
DDONの課金装備はバランスブレーカー
MHF-Zは課金装備を買っても最終強化済みではないので、ランクに応じて自分で強化する必要がある(例えばHR帯ではZ級防具に昇華できない) ところが、DDONではいきなり入手できないような高LVの素材を使い最終強化済みで買えるから、自分たちのPTよりはるかに高いLVの敵が相手できる。ポーンに戦装束を着用させていますが、LV68相当なので全く死ぬ気配すらないww 今回のディアマンテス戦でも範囲魔法を喰らっても平気で跳ねてましたw(HPにまとまったダメージが入るのって毒などのデバフでHPスリップが発生する時くらい)
ディアマンテス・第二形態

開幕からレオも一緒に戦ってくれるので実質5人PTで戦え楽しかったですが、久しぶりに復帰力2つ使ってしまいました><
ディアマンテスの第一形態は・・・余興にもならない程弱く開幕からボタン連打で倒せてしまう程でしたww でも、第二形態になると本領発揮。
道中にいるエレアチャのメルガンエレメンターが脅威
エレアチャだから敵も追尾矢を撃ってくる。一発あたりのダメはたいしたことないですが、非常に鬱陶しい存在。階段を挟んだ立体的なマップになるとポーンが単に敵と最短距離で詰めるプログラムなので(ようするに階段を登って回り込まない場合が殆ど)気づいたら、敵に囲まれてしまいここで一死。
バトルエリアをほぼ覆いつくす範囲魔法は避難する

今回は攻略Wikiを見てから行ったので対策はバッチリ・・・なハズでしたが、強烈な範囲魔法よりヘイトが高まると狙ったキャラめがけ連続空中突進をしてくるので、この技の方が厄介です。エレアチャで行ったのでディアマンテスが空中にいるときでもお構いなしに攻撃できて有利でしたが、逆に嫌でもヘイトが高まってしまい、集中して攻撃を喰らってしまい復帰力2つ目を使用。
3/31に復帰して24日間でファイターからアルケミストまでの全ジョブLV42以上、3体目のポーンもゲットでき、3体目は4/23時点でエレアチャLV1、ウォリアーLV38、これ以外のジョブ全てLV24~(3体目のポーンは非課金防具です)なんか、笑いが止まらないくらいすぐ上がります[あせあせ(飛び散る汗)]
「白竜よ永遠なれ」をクリアしたら一気にLV51に(なぜ?)

「偉大なる錬金術師」クリアでLV43

「白竜よ永遠なれ」クリアしたらLV51に!?
「白竜よ永遠なれ」は23万XP貰えるようだったけれど230万XPの見間違え???(もしかしたら、早く次のストーリーに行けるよう強制LVアップなのかも?LV43→LV51なんて200万XP以上必要です)神殿でセネカに話しかけるだけでエクストリームミッションが開放され、説明を聞くのみでクリア。3体目のポーン(ウォリアー)なんて一回もバトルせずにまずLV15に上がり「白竜よ永遠なれ」をクリアして一気にLV38。
今夜はメインクエスト「嵐が運びし厄災 」で魔赤島に行ってみま~す。ダークアリズンの黒呪島とは”趣き”が違うみたいね。DDONは5月も引き続き冒険パスを買ってプレイしまーす(妙にハマっていますw)
2.0は浸食された敵が相手
シーズン2.0に進めました。上で書いた1.0ラスボス戦から2.0の最初まで、珍しくw キャラクタヴォイスがあり喋るのでRPGらしいです。「嵐が運びし厄災 」はLV55雑魚が相手なのでクリアは楽で、Movieですが黒騎士が出てきました(2.0のボス)既存のレスタニアはエリアランク11以上が開放され、ハイデル平原は12になりましたが、APってストックされ貯まった状態になっているっぽい。テルにいるエリアマスターに話しかけただけで上がり、第一アーク前にLV57スケルトンアルケミーが居るようになりました(通行の障害にはならない)
それにしてもポーンの獲得経験値は優遇されてますね。賞金首白キメラで3体目のポーンLV31で10万8千+3000XPも貰えるのでLVがすぐ上がるw とりあえず身内だけで進められるよう日々LV上げしています。


共通テーマ:ゲーム

ストーリー展開が気になるドグマオンライン [DDON]

黄金竜とは?

DDONサービス開始当時は謎だった白竜とバトルを繰り広げた黄金竜とは、錬金術師のディアマンテスがメルゴダの王様をそそのかし、自らの錬金術により変えてしまった人造生物兵器だったとは。
シーズン1ストーリーの黒幕はディアマンテス
相当強いらしい。第二形態でフロア全体に即死級の魔法を撃ってくるとか(DQHIIの王様みたいww)
「託された未来」から物語が急展開する

獣のいのちと引き換えになるくらいなら・・・・自ら命を絶ってしまったミシアル。そして洗脳されたイリスも結局、元に戻らぬまま「敵」として倒さなければならない運命に。
続きとなる次の「戦士たちの困惑」で第三のアークに単独で行ったとされるレオも敵役となってしまい・・・ → レオは正気のままでした。レオとのバトルは一回しかなく、騎士団のハインツの台詞の通り『手加減した』と思いました。ソーサラーで行きましたが、NPCにタゲが行っているときにマジックボールとトラップだけでも倒せるほど(バトル開始から1分で終わったよw)

シーズン2.0からのストーリー展開がどうなるのか? 気になるので攻略Wikiでカンニングしましたw グリッテン砦・亡都メルゴダ(護政区)に続く坂にいた、リズちゃんが謁見の間に来るのですね!公式Webサイトを見ると2.0からストーリーも謁見の間もキャラクタが一新するみたいで、続きが気になって仕方ないので出来るところまで進めてみます(マーキス一式は雑魚ならLV60でもOK~、ですがボス級はLV53くらいまでが限界って感じ。LV55相当の防具だから仕方ないです) そして。ドラゴンズドグマオンラインって7月か8月にシーズン3.0になるのですね(次はLV90上限になるのかな?)
レオとイリス

2人とも悲しい結末を迎えるストーリー。「託された未来」のラストバトルではイリスが吹き飛ばし効果のある矢を撃ってきてウザいので、ほどほどに攻撃してHPを半分くらいにしてダムドゴーレムに集中していたのですが、レオが倒してしまったのでダムドの討伐ができませんでした><
逆に《さっさと進めたい》ならイリスだけ倒せばクリアできます。イリスは防御力も低いので通常攻撃だけで楽に倒せるでしょう。
ついに亡都メルゴダまで行けるようになり(「黄金郷の住人」まで進める)、これでシーズン1.3(1.2?)までのレスタリア全て開放できました(※一部のダンジョンはそのエリアのランクを上げないといけないので、まだ行けないダンジョンがあります)300年前の古代文明が生んだ錬金術が仇になるとは・・・
工夫して今までできなかった戦法で戦ってみる

岩の上から一方的な攻撃で楽狩り(^^♪

2体同時狩りも苦じゃなくなったw
:ミスリウ森林深部にいる賞金首リンドブルムは遠距離ジョブならバトル圏内にある岩石の上(よじ登れる)から、一方的に攻撃できるので普段撃てないような溜め時間が長い魔法やスキル技も安全確実に繰り出せて面白いw ※モンハン同様、敵モンスの大きさに個体差があるので大きな個体にあたってしまうと突進時の頭に当たり判定があるため岩の上から落ちてしまいます。
:斜陽のテラスにいる白キメラ(シラけたキメラww)狩りのついでに別な場所にいるトロール兄弟狩り。弓の曲射撃ちで2体同時に削り、ポーン次第ですがジョブによっては2体同時にダウンすることもあるのでまとめ狩りが出来る。
ドグマオンライン、完全な方向転換かな
いい意味で私の予想が裏切られた。MHF-Z同様、ライト層にも受ける ”お手狩る” MORPGになった感じ(ただしLV50くらいまでかな)亡都行けるようになりましたが・・・神殿から1000Rもかかる。新マップで遊べるようになったのはいいのですが、お気に入りに登録できる石碑が殆ど増えていないので安く行ける拠点を上書きしてやりくりしています>< (亡都メルゴダは浮遊してる島の上にあるので徒歩では行けない)

今夏、またまたPS4新作ラッシュ!
ドラクエXI、FFXIIリマスター版、NewみんなのGLOF(8/30発売予定)とビックタイトルが多いですが、夏までは個人的にこれといったタイトルがないので、今までプレイできなかったタイトルや手持ちソフトのやり込みを再開するつもりです(FFXV、Horizon Zero Dawnは手元に残しています)
ドラクエXIのPS4版はグラフィクスがDQHに準じているかそれ以上で、アクションRPGに近くなっているのでプレイするのが楽しみです。

続きは、メインクエ「束の間の休息」、「アーク再び」の様子です



共通テーマ:ゲーム

DDONは今まで行けなかった領域の開拓を始めました [DDON]

ダウ渓谷のリンドブルム乱獲w

BGMがドグマらしくて超クール!今までは倒すのに困難が伴って連戦出来なかったというのもあり対戦していて面白いし、なにより獲得経験値がウハウハ
でも・・・相変わらず殆どのボス級は周りにハーピーが配置されている。これ「も」どうにかしてほしい。
ウォリアーにハマる
スキル技の無心斬(いわゆるジャストガード)が決まるとカッコイィので発動のタイミングは今も練習中。この技は即発動しなく、効果音が鳴ったタイミングで発動するから動作中に敵の攻撃が当たってしまうとこちらがダメージを受けてしまう(ブレス系はガードできないので無心斬は使えない)
決まるとスーパーアーマー状態となり自動で反撃、しかも怒り状態の敵でも通常より多く複数ダメージが入り、なによりも技が決まった瞬間がけっこう快感w
リンドブルムはLV上げにもってこい

遭遇するとクエスト扱いになるので、クエストクリア報酬+討伐報酬+繰り返しボーナス(※2回目以降)が貰える。画像は成長サポ付けた状態だから倍の値になっていますが、サポなしでも1万XP以上も貰えるのでコイツで連戦してエレアチャ、ウォリアー、アルケミストの3ジョブLVを一気に上げられました。
成長サポ使ってもLV差による減算補正は解除されません。
未踏の地の探索
ドラゴンズドグマ”らしく”なってきた

LV上げも一段落したのと高性能な装備品の恩恵で今まで行けなかった領域の開拓も始めました。バートランド平原北部からザンドラ禁域までは非常に長い道のり。かつてのドグマ、デオス丘陵地帯から北壁の森林西部へ抜けるようなロケーションでプレイしていて懐かしい感じがします。
←走破するなら昼間がお薦め(道中、大型種もいます)
南メルゴダ遺跡群

今現在の進行状況ではザンドラ禁域より先に進めませんでしたが、通行止めになる地点までは行ってみました。途中にある遺跡群はダンジョンでなく、簡単なゲートです。
階段をあがった先の中庭みたいな場所の右側に細く長い階段があるのでそこから先に進むことができます(位置が分かりにくい)
新手の野盗、ザンドラ・バルバロイという敵(ミストでない人型)敵のLVが上がってくると、ミスト系も含めた人型の敵で魔導士系はメテオやセイクリッドシャインまで撃ってくるので、遭遇したら真っ先に倒しています。

続きは、賞金首対象のキメラやリンドブルムを狩ってみた



共通テーマ:ゲーム

DDONのメインクエを進めてみる [DDON]

キャンペーンで貰えたLV67相当の防具

この装備がなぜ貰えたのか、DDON公式メンバーズサイトのキャンペーン「新大陸フィンダムまで走り抜けろ!」を読んでみたら《メインクエ「神の目覚め」(LV35)のクリア》が必須条件。これは1年半前に達成していたので運よく貰えたというわけです。
もし。こういった装備が「ない」か、「貰えなかった」ら、9割方再引退していたでしょう。
LV差度外視の課金&イベント装備軍団w

レンタルしたサポートポーンがパンツ女w ほぼ防具を装着していないような見た目ですが、 DDONもMHF-Z同様”外装”が可能となっていたので、見た目で判断できない
これからバートランド平原のランク10試験に向かうところ。相手はLV45のオーク軍団だけど画像の通りの変則的なPTで新ジョブのLV上げも兼ねていきました。
メインクエで初めてコカトリス討伐

私はDDONのサービス開始から3ヶ月後に引退してしまいその後は全くログインしていませんでした。仕様、一部のモンスター配置、獲得経験値・・・大きく変わってしまい、特にメインクエの指定LV制が撤廃されたのかと思ったら、「フィンダムまで走り抜けろ」キャンペーンの4/13までみたいですね。
メインクエは成長サポ(経験値2倍)の対象外ですが、獲得経験値が一桁多い10倍になっているのでLV上げついでに進め、ファイターからシーカーまでの6ジョブ全てポーン2体を含めLV40~41、3つの新ジョブ全てLV30~33に到達できました!
LV45オーク軍団にLV26~40のPTで戦ってみたw

LV26といっても冒頭で書いた課金&キャンペーン装備品なので余裕で倒せる。最深部に突入し画像のように「あいさつ代わりに爆弾を投げつけてやったw」
これがトリガーになったのか?オークどもが一斉にプレイキャラを狙ってくる始末>< 余裕と思っていたのに、久しぶりに回復薬を使いました。
バートランド平原のエリアランクが10になったので、残っていたボルド鉱山の試練(LV40グリフィンの討伐)もクリアし、既存エリアのランク上げはバートランド平原北部を残すのみ。ランク10以降のアップは特殊条件となるので新大陸到達なのか、他の条件なのかそのうち調べてみます。

成長サポートコースは全ての獲得経験値が2倍にならないので注意!
ワールドクエストとボードクエストの報酬経験値2倍のみです。各地にあるボードクエなんてクリアしてもスズメの涙ほどなので、LV上げが目的ならフィールド上での大型種との突発クエが一番効率よく稼げます。ワールドクエは微妙・・・クエスト内容にもよりますが、短時間マラソンできるクエが効率よいと思います(討伐指定が雑魚かつ移動が近くで済むクエが理想的)
獲得経験値が倍になる「祝福のルーキーズリング」・・貰い忘れていた
このアイテムだけメール添付ではなく、ゲーム内の売店で貰い、鑑定して・・・と入手が面倒です。成長サポと併用しても獲得経験値は4倍にならなく何故か3倍ですが、3日間の成長サポコース使ったので、これからはポーンとのLV差の調整用に使ってみます(ポーンの方がLVが上がるのは早い)

続きは、メインクエスト「千の咆哮」に行った様子です



共通テーマ:ゲーム

DDONシーズン2.3で本格的に復帰 [DDON]

スキル技が8つ使える

サブパレットというシステムが導入されスキル技をセット/変更するのは□ボタンで切り替え、 バトル中やフィールドなどはR3長押しで変更できます。
今まで4つしかセットできなくて、特に魔導士系では使いたい魔法を対象によって宿屋でいちいち変更してセットするのが非常に面倒でしたが、8つあるとどのジョブもいろんな戦略で戦えるので面白みが上がりました。
アワードの家具を自室に設置

PlayStationアワード受賞のゲーム内「家具」(画像のようにプレステを思わせるモニュメント)を設置してみました。広くて天井が高い自室なので気に入っています。
かつてのディスク版ドグマやダークアリズンの感覚で遊べるように、やっとドラゴンズドグマらしくなっていたので課金装備を買って本格復帰で~す。
マーキスはドグマの世界観にマッチしていないグラフィクスの防具と思っています(どちらかと言えばFF系w) サービス開始当時はドグマの世界観に合ったボロボロのような、地味な装備グラばかりで代わり映えしないような装備グラの人たちでしたが、今はガチャも含めいろんな装備が実装されたので広場も華やかになりましたね!(やっぱりCAPCOM。アイルーの頭装備だけ売った?たまにアイルーもどきな頭装備の人を見かけますw)
カタコンペ入口付近の石像って・・・

かつての兵士たちの彫刻ではなく、石化されてしまった兵士でしょう。カタコンペの構造(マップ)はハイデル地下霊廊と全く同じの短めのダンジョン。カタコンペを含めダウ渓谷はLV35~(40くらいまで)のPTのLV上げに向いていて、ここでガンガン上げています。
週単位のメンテが終わり行ってみたら、LV60ミストウィルムがLV36リンドブルムに置き換わっていたので討伐したらオプションコースなしの適正LVで約1.4万XP程獲得できて経験値が激ウマ。しかもリンドブルムを倒すとカタコンペ入口付近にLV33グリフィンも飛来するので連続して討伐すれば2万XP以上稼げるので、金曜の夜までに複数ジョブをLV38に上げられました(^^♪
当面は課金装備でガンガン遊べるw

戦装束もマーキス(PS Storeで売っている単体販売の方)も最終強化済みのようでクラフトルームで強化しようとしたら、リストになくステータスを見ると、確かにLVを度外視した値になっていました。 物理・魔法防御が戦装束ならジョブにより変動しますがおよそ1500くらい(LV30代でもけた外れの防御力)このままLV1のジョブから装備できるのでほぼ無敵状態となり、特にポーンに装備させると介護不要wとなるため雑魚からボス級までバトルに集中できる。
シーズン2.3でやっと ”ドラゴンズドグマ” らしくなった感じ
この状態で最初からサービスインしてほしかった。そうすれば継続して遊んでいたかもね。ボス級との戦闘を開発や運営側の勝手な仕様(都合)で「ゆさぶり必須」にして強制するのはプレイの幅を縮め、すぐに飽きられてしまいます(当時から「ゆさぶり」は課金しても解除されない) プレーヤーに「何か」を強要するのはよくない。そして倉庫へ格納できる装備やアイテムが少なく、冒険パスに加入しても解決できない仕様・・・これでは殆どの人が辞めていってしまいます。
復帰して最初は無料で様子を見ていたら、全体的にディスク版ドグマに近づけ、DDONオリジナルな要素も加味したようにかなり改善されていたので『これなら継続プレイできそう』と判断したのです。課金しても他のゲーム並みにならなく不便さや非快適さが解消されない から シーズン2.3でやっと 課金すれば快適にプレイできる に変わったとも言えます(課金する/しないは個人の自由です。推奨ではありません)
最近のゲーム記事が中途半端ですみません>< 仁王のラストやHorizon Zero Dawnの続きなど日が経ってしまいましたが、また改める予定です。PS4ゲームは完成度も高くて熱中するとblogを更新するよりプレイしている方が楽しいというか、攻略に時間がかかるゲームが多い。買ってからまだ半年もたっていないDual Shock4シルバーのスティックとボタン類がいくらか緩くなってきてしまって・・・w 次は通常版の白コンを買い足すつもりです。アクションゲームが多く、ボタン操作が面白いのはいいのですが・・・Dual Shock4は高いので一つくらい妥協して安い3rd製もスペアとして持っておくのがよいかも。

続きは、3つの新ジョブをプレイしてみて



共通テーマ:ゲーム