So-net無料ブログ作成
検索選択

メインミッション・零れ落つ雪クリア [仁王]

雪女はケリーによって作り出された妖魔

誤解を招くといけないので書いておくと「仁王」はゲーム上の架空の作り話だから、日本史そのものではありません。
雪女の正体は織田信長の奥方とされる濃姫。その魂をウィリアムの宿敵となるケリーが現世に呼び戻したというお話。
こちらが雪女

どう見ても幽霊や妖魔などに見えない(闘鬼伝 極のホロウが出てきたのかと思ったw)
←仁王の世界観にあまりマッチしてない洋風キャラだね。
ゲットできる守護霊・氷蝶は単体で召喚するとイマイチですが、九十九武器にするとなかなかカッコイィエフェクト。FFの召喚獣みたいに ”雪女本体” が一緒に戦ってくれれば、なお良いです・・・
おまけ:なぜ? 氷の女王は美人ばかり

FFXVのシヴァ本体となるゲンティアナ。今までの召喚獣と違い、普段は人間体で変身してシヴァとなる、FFシリーズ通して異色の存在でした。変身して3分も戦ってくれませんがw 威力バツグンの攻撃力(凍てつく波動なのか絶対零度なのか公表されてないので不明)
零れ落つ雪(MLV55)
道中は強敵ぞろい

LV72で道順を覚えながら進んで雪女とはLV73で戦いました。このマップは迷路になっていて社は3ヶ所ありますが、回り込まないと開かないショートカット用の門が多く面倒です。強力な妖鬼が配置されているので少しずつ進めました。
こちらは一反木綿。一体はどうしても進まなければならない道にいるので倒さなければなりませんが、もう一体は画像のようにオンボロ小屋にたたずんでいるので戦闘する必要もなくやり過ごせます。
一反木綿は体に巻き付いている布を投げての遠距離攻撃と、近くでは布の往復ビンタw を繰り出してきます。手順を間違えるとやられてしまいますが、布を投げてきたら緊急回避して接近して気力消耗が少ない下段攻撃で手数で圧倒すればそれほど恐れる相手じゃないです。鎖鎌の弱攻撃連打(□ボタン連打)で武器LVにもよりますが、ガリガリ削って圧倒できますょ!
お雪さんのお家w

元が濃姫という設定なので、ボス戦マップは豪邸並みのお屋敷の広い庭となり、落下死やギミックもなく非常に戦い易いマップ。
途中に似たような周囲が金色の門がありますが、これはショートカット用。ボス戦用は画像のようにデカくて左右に大きな氷塊があります。
雪女はまれびとになって何回も戦ってみたい相手です。理由はFFXVのシヴァが無条件でゲットでき拍子抜けしたので、代わりと言っては何ですが雪女とのバトルが予想外に面白かったため。
雪女の武器は薙刀(当然、氷属性)のようでしたが、物理攻撃は殆どしてきません。

続きを読む



共通テーマ:ゲーム

やっと倒せた海坊主 [仁王]

いったい何回戦えば勝てるのか?

メインM『海鳴りふたたび』のボス海坊主。ソロで挑んで「あとちょっと!」というところでダメ。まずバトルより、落下して水死してしまうマップに慣れる必要がある。正方形状のマップなので 床が直線になってる場所で張り付いて攻撃している分には問題がないけど、角の部分で張り付いていると 海坊主が反対側に移動するときに落下してしまう。
海坊主を倒すには?
1.まずボス戦用マップを完全に把握する
2.3ヶ所ある篝火は使わない(なくなると小海坊主が沸くので面倒なことになる)
3.海坊主のビーム攻撃は完全に回避する(特に開幕直後に撃ってくる場合)
 直線状なので回避はしやすく、撃ってくるパターンが固定(目玉からモノを投げた後は警戒)回避に成功したらビーム射出中は何故か目玉付近でビームにかすってもダメ入らないので爆弾投げ放題w
4.まれびと(お手伝いさん)がいても、焦らず時間をかけて戦う
5.HP半分までが勝負(HP半分以下になると上がってきてビーム攻撃はしない)
厳島マップは落下する場所が多いけど・・

何回やっても 黒タコw が倒せず、ふと気づいたのがここってアムリタがそれなりに多いので 『気分転換にLV上げでもするか』ということ。
矢、砲弾、仙薬などもドロップしやすいので素材狩りのついでにLV63に上げました。
屋根上の方が安全

何か所かハシゴがかかっていて屋根の上に上がれますが、屋根上にも妖鬼や雑魚がいる。
←屋根の角の上はプレーヤーも敵も上がれないので角で戦うと、妖鬼は行ったり来たりするだけなので2~3発殴って回避、または角にひっかけて一方的に攻撃して速攻で倒せました。
仁王では矢・弾はダークソウルと違い大量に持てない仕様なので、こういう場面で「一方的に狙撃して倒してしまう」ことが出来ないのはイライラしますね。
黒タコ 撲滅成功!

「勝てるときは、あっさり勝てる」結局、まれびとと2人PTで倒せました。上で書いたように、とにかく前半は落下しない・死なないように時間をかけて削り、タコが上陸したら周囲をくるくる回るようにヒット&アウェイの繰り返しで倒せました。上陸後はタゲが分散するので戦いやすく、火やられ状態にしてHPスリップ状態にしてしまえば勝ったも同然でしょう。
オンライン協調プレイがしやすく超面白い!
2/18土曜の夜はサブミッションで遊んでLV65。LVがどうこうより中盤のサブМ「仁王の末裔(LV43)」で鴉天狗、「はかる者(LV45)」では一反木綿(中ボス扱い)が出てきて面白い。
特に一反木綿はアニメ・ゲゲゲの鬼太郎に出てくるのと違い、女妖怪で見た目が殆どFFXIのシヴァみたいでしたw はかる者では海賊船?で海賊を撲滅してしまえば大砲から砲撃できるのが解ったので、先に強硬突破して海賊船の内部に侵入し陸地にいるムカつく雑魚に大砲を撃つとスッキリしますねw
今のところ、オンラインで「手伝ってもらう」、「手伝う側で参加する」は困らないですが、プレーヤーが増えたせいなのか? 時間帯によりネットワークエラーでマッチングキャンセルされる回数が多くなっています><

続きは、舞台はいよいよ京の都へ!信貴山の蜘蛛(MLV47)の女朗蜘蛛は超絶簡単w



共通テーマ:ゲーム

サブミッションでLV上げ [仁王]

妖怪はミッションを進めると少しずつ増える

鬼や落ち武者みたいなのと ゾンビw ばかりで、なんか闘鬼伝みたいでガッカリしていましたが、ミッションを進めると妖怪は少しずつ増えてきます。攻略サイトをみたら最後の方で雪女とも対決できるそうなので、もっとLVを上げて備えておきます。
時代劇を見ているようなシーン

九州編のMミッションをクリアして中つ国(今の中国地方)へ進みました。海坊主に襲われ予定を変更して安芸に上陸という話。
←日本の神社でよく見かける長い石段で人がすれ違うシーン。単調ですが雰囲気がいい!
『蠢く銀鉱』を開始しましたが・・・ここはDemon's Souls・ストーンファング坑道の毒バージョンw 毒霧でのHPスリップがバカにならなく、早めに毒を噴出している岩を破壊しないとまともに散策や雑魚とも対決できなく毒霧を一時的になくすとうみという装置も回り込んで行き、近くに雑魚が配置されているので操作しにくくて厄介なダンジョン。
LV上げのサブミッションは人それぞれ

攻略サイトでは河童退治の「落す者、拾う者」がお薦めのようで、やってみたけどあまり美味しくない(※LVにもよります)LV52になり「覇王と官兵衛」を まれびと になってお手伝い、「誾千代の願い」をNPCの立花誾千代と2人PTで共闘して稼いでいます(仙薬集めや 銭稼ぎw にも向いていると思います)
闇千代はオンラインプレイ《常世同行》の練習にもなりますね!大ダメを受けるとその場に座り込んでしまいますが、近づいて〇ボタンで救済可能(DDONのポーンと違い長押しする必要もなく即復帰します)
サブミッション・黄泉の守り人

開始してまず目につくのが大量にある血刀塚。このミッションは社がないのでまれびとが呼べなくソロでクリアするしかない。ミッションはLV25表記ですが、仁王のシステムではLV20代で強化できる装備はたかが知れている。
仁王では「再開」しか選べず、「中断」という選択肢がないので「ひもろぎの破片」を持っていなかったらリタイアできないのでクリア強制の無限連鎖になるんじゃないの?というのが言いたい。
LV51でチャレンジしたけど、それでもソロだとかなりキツイ(ラストは一つ目、一つ目小僧(一つ目に変身する)、鬼火の火と雷、計4体同時)

各ミッションに表示されているレベル表記はあてにならない
メイン・サブともミッションLVというのがあるけれど、これはプレーヤーの推奨LVではないです。実際、プレイして特にメインミッションではミッション表記のLVよりかなり高いLVでみなさん挑んでいるのが血刀塚を選択すればわかると思います(戦わなくても選択するだけで他プレーヤーのLVやおよその装備がわかります)

仁王は口コミの評判で売れているようですが、進めてみて『かゆいとこに手が届いていない』というのが今のところの感想です。例えば、Demon's Soulsからブラッドボーンまで要所となるボス戦には救済となるNPCが配置されていますが、仁王にはそれながないなど。

続きは、サブミッション『覇王と官兵衛』でLV上げ



共通テーマ:ゲーム

仁王プレイ開始~ [仁王]

MLV1 ロンドン塔から脱出せよ

最初はウィリアムが幽閉された塔からの脱出ミッションでスタート。舞台は英国なので出てくる雑魚は洋風の衛兵なのでDemon's Soulsをプレイしているような雰囲気です。 スタートからLV1のままで進行し途中に社が2ヶ所あるので祈ると全回復しますが、他の事は一切できなくアムリタも稼げません。
最初はこれもDemon's Soulsやダークソウルと同じく、一番最初のボス(処刑人)を倒して次に進むまでLV上げできないです。ステータス画面も見ていますが、アムリタも0のままで稼げない(大量にソウルを持って移動するデモソよりマシかもw)
牢屋から脱出するまで

天使のような守護霊?が現れどこへ向かえばよいのか、ごく簡単な案内だけしてくれました(回復や攻撃補助はしてくれないw)
壁攻撃で道が開ける場合あり

デモソと同じく壁を攻撃すれば穴があいて隣に行けます。攻略Wikiでは衛兵をスルーとありますが、 攻撃して倒すこともできるので素手で倒してしまいましたw
予想していたより売れてるみたい

今日は小雪がちらつく都内。速攻で帰ってきて(いつものことw)ビックカメラで買ってきました。最初は予約なしでも大丈夫と考えていたのですが、店頭で見たら「お取り寄せ」のシールが貼ってあり『もうないの?』と焦りましたが、となりにパッケがあったのでレジで聞いたら「まだありますよ」ということでPlayStation Plusカードと一緒に買ってきました。
オンライン機能を利用するならPlayStation Plus必須
仁王はオンライン機能が付いている他のタイトルと同じです。FFXVが予想外にPS Plusがほぼ不要だったので肩透かしをくらってなんか無駄な出費に近かったですが、仁王はこれで召喚機能を使って他のプレーヤーさんの幻影とPTを組んで進められます(召喚能力を得るにはある程度ストーリーを進める必要があります)
店頭でバイオハザード7も見てきましたが、こちらもかなり売れてるみたい。PS4のタイトルはどれも好調でいろんなジャンルのタイトルをプレイしてみたい(時間が許せば・・の話w)仁王、バイオ7やGRAVITY DAZE 2と並んで人気ですね!ダークソウルやブラッドボーンが気にいっている人にはお勧めです(2/10は絶賛LV上げ中w)

続きは、MLV1のボス「処刑人」クリアまで



共通テーマ:ゲーム

仁王最終体験版をプレイしてみる [仁王]

コーエーテクモの新シリーズ

闘鬼伝が和風モンハンなら仁王は和風ダークソウルというダークファンタジーな世界観なのは知っていましたが、いつの間にかαテスト、βテストも終了して今回の体験版は1/21(土)から1/22(日)まで2日間のみプレイ可能という体験版にしては特異な設定。
ちょっとだけプレイしてみました

日曜までプレイ可能と知ったのは、なんとMHF-Zの猟団チャットw 容量も多くなかったのでDLして2時間くらい遊んでみた。
←チュートリアルかミッションを選べるので、まずはチュートリアルを実行してみましたが、常世祓いが説明通り実行して、気力最大にしても次から次へと妖怪みたいなのが沸いてくるのでここで中断。
やっぱり「こんな程度か」と思ったので、このまま終了と考えましたが、せっかくなのでミッションを選択してプレイ開始~ ・・・・ソロで進めたら死にまくりww ダークソウルやブラッドボーンと比べるのが失礼なくらい出来の悪いゲームと思いました・・・で、社(やしろ)のメニューをよく見たら「まれびと召喚」というのがありダクソやブラボをプレイしていた直感で、白霊が呼べるのね~ とやってみたら同じように他プレーヤーさんが出てきて共闘できます!(操作するのはCPUだからNPCとして活躍してくれます)
仁王は召喚技も使える

画像は公式サイトからパクったものですが、体験版でも仁王像がある神社みたいな場所の内部で一つ目入道みたいなのと戦ってみたら、NPCでさえかなりヤバい状況になったので、操作もおぼつかなく適当に押していたら(〇+△同時押し?) 犬召喚w で倒せました。
公式サイトの画像を見ると召喚できる妖魔?はたくさんいるみたいですね。闘鬼伝のミタマと違い、実体化して一緒に戦ってくれるのでFFの召喚魔法みたいで面白そうです。
キーコンフィグ

中断した時にオンラインマニュアルをざっくり読んでおきました。操作体系は、やはりダークソウルやブラッドボーンに似ていてこれらのゲームをプレイしたことがある人ならすぐ覚えらえると思います。
仁王(2/9発売予定)
血刀塚(ダクソでいう血痕)は他プレーヤーが倒されたしるべ、ダクソみたいに勝手に侵入されることもなく「戦う・戦わない」を選択できるのがよく、同じく他プレーヤーさんを召喚してNPCとして2人PTで共闘できる(ソロだと進めるのがかなり大変)
遠距離武器は弾が必要ですが、崖の反対側から一方的に狙撃することもできるし、召喚したNPCも狙撃してくれる!ダークソウルやブラッドボーンを和風にした世界観で、小屋に入ったら妖怪がいたりと、お化け屋敷感覚で遊べて面白いです! 続きは後日アップしますね!

追加コンテンツの仕組みはFFXVと同じ有料のシーズンパス制ですね。DLコンテンツや追加の妖怪と戦うにはシーズンパス必須みたいです。
あ~ぁ、どうしよ。バイオハザード7もプレイしたいし、体験版を遊んでみたら仁王もプレイしてみたい・・・
仁王 評価で検索して調べ、2/9に買ってプレイする気になっています。コエテクの開発チームもフロムのダークソウルを「参考にした」と言っているそうです(参考どころか、ダークソウルの世界観を和風にしただけのパクリに限りなく近いw)ダークソウルと唯一の違いは ↓
・侵入がない
・プレーヤーの血痕から戦うことが任意にできて、そのプレーヤーさんの装備やアムリタ(ダクソでいうソウル=経験値 兼 通貨)を得ることができる。
・他プレーヤーを召喚するのが簡単に出来て共闘できる。
などなど、意外とプレーヤーに有利というか優しい設定かも。

続きは、体験版のミッションLV5<東海篇>をプレイしてみた様子(1/25追記



共通テーマ:ゲーム