So-net無料ブログ作成

なんとMHWのパッケにMHF-Z特典が仕込まれていた(PS4のみ) [MHF-Z]

MHW購入特典

MHW発売日に公開されたようで事前告知が一切なかったのは、同じモンハンなので混乱を避けるためでしょう。HLコース7日分+アイルーC防具<見た目だけが変わる外装>が無料で貰えます。
MHF-Zの告知サイトを見たけど、いいことしか書いてないw 超越秘儀、極の型、穿龍棍・・・どれもG級に上がらないと取得できず、上がったと言ってすぐ取得できる訳でもない。
》はないわけ?
MHF-Zをプレイしている人たちのMHW特典は今のところない。同じCAPCOMのゲーム、同じモンハン系統なので双方で協力して個別特典ではなく、MHF-Zオリジナルモンスの一部をMHWに追加したり、何らかのイベントがあっていいのでは?
今ならHR1でもフレイムタイラントに挑めます!

年末に行った時の様子です。装備が貸与(固定)なので男女別クエとなりますが、内容も報酬も同じクエスト。フレイムタイラント・・・DQ型モンスかと思い珍しそうなので行ってみたらガッカリww
コイツがフレイムタイラントw

MHF-Zの場合、聞いたこともない他のゲームに出てくるようなモンスターの名称でも既存個体を利用したものが殆どで、何が出てくるかと思ったらイビルジョーの炎バージョンだったww
←ほぼ常時炎をまとっているので、接近戦ではテオのようにHPスリップが発生するため一撃離脱の繰り返しで倒しました。
立ち回りさえしっかりできていれば、フレイムタイラントはHPがかなり少ないので誰でも倒せるでしょう(秘伝書を取得しているなら装備すれば有利になります)
余った証でジョブ専用の秘伝防具を作ってみる

下位の特異個体討伐で貰える「序」が足りなくてガンスと双剣用の2着しかできませんでしたが、いつの日か再開したら集めて他の武器の専用防具も作ってみます(MHF-Zはもうやる事があまりないんですw)
MHWは順調に事前学習が進みました
製品版のオンラインマニュアルが公開され、イベントスケジュールは見やすいPDFでDL出来るようになっていたので攻略サイトとも合わせて仕様をよく理解してスムーズに進められるようにしています。
MHWはクエストクリア/失敗に関係なく、終了後にフィールド探索ができるのですね!(これもモンハン初となる新要素)・・・時間がいくらあっても足りなそうな予感。

MHWはキャンプにアイテムボックスが設置されているので採集活動が非常に楽になったゆとり仕様ですが、MHF-Zは広場内のアイテムボックスを使うのにEXコース(500円/月)と課金しなければならないので、MHWをプレイしてMHF-Zを初めてプレイした場合 憤慨w する人も少なくないと思います。 何かにつけて課金が発生する場合が少なくないのでその点は見極める必要もあります(あと、大もとがMH2べースなので古臭さに耐えられない人は止めたほうがよいです)
[雪]首都圏は木曜はまた雪?
雲行きが怪しくなってきましたが、今回は降っても少ないらしく、そもそも雪が降るか否か前日くらいにならないと解らないらしい(天気”予想”ですから・・w)
急に月末まで忙しくなって1/26を休みから出勤にしたので、2/1は天候に関係なく休みにしようか検討中。いずれにしてもどこかで休みを作ってMHWを堪能します。

●やっぱりディスク(パッケージ)版かな
もし。トラブルが発生した場合、DL版は再ダウンロードから再インストール+アップデート対応と、とても時間がかかる工程を余儀なくされてしまうリスクもあります。
ディスク(Blu-Ray)版もインストールしなければなりませんが、私は他ゲームと並走することがまずないので、微妙にですがお求めやすい値段になってきたのでディスク版・・・と考えが戻りました。いずれにしても、今回は初日購入を避け(人柱にならなかった)様子を見たのが正解だったと考えています。
もし、迷っていて「なにがなんでも早くプレイしたい」のでなければ、1ヶ月もすれば中古も出回るでしょうから、価格がこなれた頃を見計らってプレイするのもアリ(税込み9,000円近いのは家庭用ゲームソフトとして高すぎる。たぶんアップデート分まで考慮した価格なんでしょう)

続きは、連携が簡単になったPS4とYouTube(Live from PlayStationに動画配信したいのでチャレンジ、モンハンと直に関係ない内容です


1ヶ月だけMHF-Zで遊んでみて [MHF-Z]

ラストは有人PTで〆

3人+主さんのパートナーでHR5剛種ベルキュロスのクエをラストにして1ヶ月だけ復帰したMHF-Zはプレイ終了です。全員G級で装備がまともな人たちだったので、その場で仕留めて完了。
←ギリギリで完成したレックスZの初披露。作りたてで課金ZP防具より微弱ながら物理防御が高い高性能な装備。
広場で目立ちすぎw
自由区でもこれを着用している人はまずいないので、恐らくクリックしてスペックを見られていると感じたので、ロビー装備で誤魔化して目立たないようにしましたw
今回は無料イベントのお蔭様で全ジョブGSR999(LV95)、パートナーも全て熟練度999で次のステップにすすめ、スキル枠拡張+スキルコスト増に加え複合スキルも取得できるようになったので満足な結果でした。
エルゼリオンは属性対策すれば楽勝♪

属性やられ対策で装飾品で+20、秘伝書の全耐性+19、防具ワンダレの全耐性+5の計+44で行ったら「属性やられ」にならなくて15分針で討伐。
←パートナーとLラスタのクロエは闇属性武器にしたら、エルゼの炎の部分が一時的にグレーとなり機能しなくなりました。
記念に作った灼零エルゼアクス

分類はG級武器ですが、強化できなくて一回の生産で完了します(その分、攻撃力がイベント武器並みに高い)
←火+氷という相反する属性攻撃が出来る武器。
もう防具の精錬をしなくてもGX珠が作れる

レックスZは素の状態では「豪放」が発動しないので、装飾品を埋め込み発動させました。三界の譲りを持つ装飾品は(今までは)防具の精錬からしか得られなかったのですが、工房で見たら・・・普通の装飾品同様に素材だけで作れるようになっていました。
今更・・・苦労して作り上げた、それもGX級防具を精錬してやっとの思いで作った人たちからすれば、呆れはてる以前の対応でしょう。これだったらハンターナビの防具精錬の項目も他の内容に変えたらと思いました。

たった1ヶ月のプレイでしたが、約8ヶ月前に比べ敷居がさらに下がったという印象です。ひいき目に言えばだれでも簡単に遊べるMHFになったわけですが、CS向けモンハンと同じく『努力しない人』(他人任せでPT募集してる人)、『課金装備で楽しようと考えている人』は、「いつか、どこかで」行き詰ります。

MHWはまだテストプレイのみなので ”正確な比較” はできませんが、それでもMHF-Zと比べるとやはり回復時の余計なポーズがとても鬱陶しくて「やってられない」という考えが強くなりました(特に闘技場と同じ条件となるような、移動できないマップでのバトル時に思います) 他にも、敵モンスの軸合わせが異様に速いのに、プレーヤー側は例えばコンボ技が終わった後での振りむきが遅すぎて被弾してしまう場合があるなど(穿龍棍のコンボや連打を終了してからの操作受付が遅すぎ)
まぁ、個人的には月額500円で丁度いいかな。やはり1,500円も払ってガッツポーズや腹たたきはみたくないw

続きは、苦労した「轟竜の極爪」集めなど


冬休みはMHF-Zでモンハン操作の復習をしておきました [MHF-Z]

エルゼリオンがバランス調整へ

「いつ」実施されるかは明言されていませんが、調整するそうです。
←通常古龍種と思えない程強力な戦闘能力があり、初戦でLラスタのクロエを入れて討伐まで24分くらいかかり、回復アイテムも残り僅かになったくらいの強敵。というか、強さのバランスがおかしいょ。
元気のみなもと使用で、G級遷悠種や★2までの辿異種より強烈な相手でしたが、グアンゾルムと違い”場外連行”などがないだけマシです。
G級アマツマガツチは第三形態まで移行する

MHF-Zの運営の手にかかるとこうなってしまうという例。バランスもク〇もなく、無用にHPが多くプレーヤー側と戦えないくらいまで距離をとって攻撃する性質があるので、ほぼ追いかけっこの繰り返しです。
GRP大量クエのG★3 HCゴゴモア連戦中ですが、マップ端まで移動や樹にぶら下がっての攻撃や移動回数が多すぎて、まともなバトルにならない(それでも火力任せのごり押しで5分針で終わらせてるw)HC銀レウス、HCデュラガウア、HCキリン・・・殆どがコレに該当してまともに戦えないMHF-Z仕様w
シャガル・マガラに呪われたww

G級シャガルのクエに行って、顔が真っ黒になっていた。狂竜ウイルスでこうなるのか?(HRではこうならない)
第二形態に移行する際にまばゆい光の柱が現れますが、これに巻き込まれると死亡確定(超高速でHPスリップ)ですが、変形時に一回使うだけなので、そろろそかなと思ったら離れて見ていればノーダメで過ごせます。
ジンオウガの打ち上げ同様にNPCは何故か死にませんw オウガと違い第二形態への移行なので動作が変わり、発動まで多少の時間もあるので慣れてしまえば喰らうことはまずないと思います。
今秋、MHF-Zに新武器が実装予定

MHF-Zは11年目を迎え新たなオリジナル武器が実装予定だそうです。
オリジナルってことは操虫昆やチャージアックスではないでしょう。穿龍棍は良いですが、・・・・妙な変チクリンな武器はやめてほしい。
公式メンバーズサイト(PS4)の新年の挨拶を見て
さすがにモンハンワールドとのことは一言も口にしなかったねw ただでさえ人口減少が続き、WiiU、Xbox360版がPCへ移行予定と2018年以降は険しい道のりなんじゃないのかな。
「これは!」とか「さすが!」って思わせる内容がないよw GSR999のジョブが増えてきたので継続しようか一瞬迷いましたが、やはりMHWのインパクトが大きいので予定通り連休明け1/9で再々…引退でーす。1500円払うならMHWのDXキット(追加キットのみ1,380円)を買う方が賢い選択と考えました(ディシディア NTもMHWが落ち着いた頃にプレイすることにしたので今月はMHW一択でーす)
MHF-Zは全ジョブGSR999になり(秘伝書、攻:LV95が最大で999になった瞬間にLV:MAXと表示されます)、心おきなく1/9で辞められます。
まぁ・・・一応強いかな。GSRが最大値になったため、縁がなくなるGRP大量クエのHCデュラガウア、ランスやハンマーでも0分針で仕留められる。
MHWの新情報が出てきたので、この3連休はMHF-Zのテオやダオラなども狩って練習しておきます。恐らくMHWに近い動作をするのはMHF-ZのHR5の通常(剛種)個体でしょうね。HCや覇種、G級はMHF-Zオリジナル動作が付加されているので、既存モンハンと動作や能力がかなり異なります。

続きは、秘伝開眼奥義を使ってみた、MHF-Z 2018年の予定を一応見てみたなど


MHWのため、MHF-Zで操作練習してます [MHF-Z]

MHWはFFXVと同じくキャンプでも食事が可能

いいね、この雰囲気。オトモアイルーも一緒に食事でステータスアップします。料理はタダじゃなくてゼニーを払う料金方式(さすが金儲けのCAPCOMだねww)
拠点で出発前に食事をとることも可能です(P2Gの「ねこ飯」復活)
βテスト版なので出来ることが限られていました。製品版は古代樹の森を時間制限なしで探索できるモードもあるので、ゆっくりと散策して素材集めをしたいです。マイハウスではマップ上の環境生物を飼うこともできるそうなので、やり込み要素がたくさんあって長く遊べると考えています。
という訳で、気分屋の私は予定外だったMHF-Zを再プレイして操作練習開始です
舞うは嵐奏でるは災禍の調べ

HR遷悠種アマツマガツチに行ってみた。マップはP3と殆ど同じ霊峰。HRの個体はMHP3より能力が低くて簡単に討伐できると思います(HR遷悠種にしては珍しくキャンプに 支給品もある)第二形態に移行するのもP3と同じですが、あまり過激にならないのでそのまま討伐したという感じでクリアできます。
上空からの水ブレスは視点変更でアマツの滞空位置が目視できるので簡単にかわせます(MHP3では位置がわからない仕様だった)BGMもMHP3の曲を少しアレンジした曲なので、クエストクリアまで感動してしまいました(古参プレーヤーには涙モノのクエでしょう)
派手なキバのコイツはなんすか?w

辿異種ガノトトスの★1クエにも行ってみた。予想通り変な攻撃手段を持っていて、泡風呂wに捕まると、もがいてHPが段階的にスリップして死ぬかと思ったけど緑ゲージ残り1/5強で止まるので無死でクリアできました。実際、Z級装備なら★1は10分針で討伐できるでしょう。
キバトトスとでも命名したほうがいいんじゃないかと思えるくらい、派手な牙が生えてるガノスw 水泡とブレス以外はこれといった攻撃手段がない。

before:30日1400円が買えない

after:500円コースを買うと選択可能
MHF-ZのPS4でのサービス開始からかなりの月日が経ち、今更ですが料金に関してPS3・VitaとPS4は全く別モノ扱いです。私はMHF-GをPS3から開始して500円のHLコースを一度利用したのですが(Vitaでは利用不可でした)、PS4でプレイの継続をしても初回のみ500円のHLコースとプレミアムコースが利用できるのを今になって知りました。
無料だとHR4までなので練習にもならず意味がないですが、500円で復帰出来てG級や遷悠種クエに行けるなら文句ないです。HLコース1400円はMHF-Zの内容や古さ(あと慢性的なバグ)などを考慮すると割高に感じます(ずっと500円でいいよ)

続きは、8ヶ月ぶりにプレイして変わっていた点など


MHF-Zは対応機種の縮小、MHWは12/9からβテストが開催! [MHF-Z]

さようなら。MHF-Zのマイアバター

MHF-Zは来夏、Wii UとXbox360のサービスを終了するそうです。この2機種はPC版への移行措置がとられるそうですが、時代の流れですね。MHF-Zの公式サイトを見たら規約も改定され、1年以上ログインしなかった場合は自動的にキャラクタが抹消されるそうです(全ハード対象)
時代遅れのゲームはさようなら
私の場合、来年3/30までにログインしなければアバターが削除されますが、このまま放置して完全引退とすることにしました。理由はMHWが発売されるのは別にして、MHF-Zは今後の大きな内容改定が見込めないためです。
※公式にはWii UとXbox360は「2018年2月頃にサービス終了の検討」と記載されています。
・・・・騒ぎ立てるほどでもなかったですね(自然な流れだと思いました)
根本から新システムとなるMHW

こちらは大いに期待しています(すでに予約済み)様々なPVを見る限り『新生モンスターハンター』といっても過言でないくらい、劇的な進化だと思っています。
←オトモアイルーのメイキング動画も多数見ました。原作に忠実なタイプからMHWにあわせたタイプまで多数存在する。
ネコ好きな私から見て、リアルネコに近くw とにかく可愛い。MHWでは狩り中でもオトモに何かを食べさせることが可能となるようですね!

私的に、MHF-Zはサービス終了の着地点を模索しているように思えてしかたないです。MHWのシステムを利用した新たなオンラインモンハンに移行するなら、ぜひプレイしてみたい。
MHF-Zの思い出

PS Vita、PS4、PS3、Windowsといろんなハードで遊びました。プレイ時間もこの並びの通りVitaがダントツで一番多かったのは、最盛期の頃のモンハンをPSPで遊んでいたということがある。
今年のサーバー1への統合は知っていますが、それ以前から急激に関心がなくなってしまいました。
モンハン:ワールド 12/9よりβテストが開始!
Horizon Zero Dawnとのコラボまで!

GAME Watch【Paris Games Week】「モンスターハンター:ワールド」、12月9日からβテストを開始!で知りました。 たぶん体験版が配布されるような予感がしていましたが、PlayStation Plus加入者向けのβテストが体験版を兼ねるのでしょう。
オトモアイルー 機械獣バージョン

このグラフィクスの出来具合から、やはりHZDの開発チームとCAPCOMに何らかの交流があるとますます勘ぐってしまいます。
それにしても、MHWは過去作にきっぱり縁を切った感じでかなりイイですね。今日10/31は瘴気の谷マップの存在も公開され、モンハンシステムを利用したDARK SOULみたいなマップでも狩りができるのかと思うとワクワクしちゃいます!!!
そして。びっくりしたのがHorizon Zero Dawnのアーロイをプレイアブルキャラクタとして使用できること。 MHWが発表され、画像を見た瞬間に背景(草木や川など)がHorizon Zero Dawnのグラフィクスに似ていると思いましたが、技術面でもHZDの開発チームと交流があったのかな?
HZDの多彩なスクショ機能がMHWにも搭載されればなお良いですね!!

βテストで、オンラインマルチプレイも可能と発表がありました。βテストなのに至れり尽くせりといった感じで12/9が待ち遠しい。私はFFXVオンラインからPlayStation Plus(3ヶ月)を再開するので、来年2月まで有効になり、FFXVとMHW(どちらもビックタイトル)のオンラインプレイが遊べるのかと思うと・・・かなり嬉しい。もちろんその後も継続する予定です。

御覧いただきありがとうございます
MHWは発売までまだ3ヶ月近くあるのに複数の攻略サイトが立ち上げられていて、盛り上がりもすごいですね。ドラクエ、FFと並ぶ第三の有名なタイトルに成長した感じがします。
GAME Watchでプレス向けメディアツァー(製品版とほぼ同等の仕様でプレイできる)をプレイした時の一端が紹介されていたので見たら、早くβ版をプレイしたいです! 残念なのは12/9から開始されるβテストがたった3日間のみという期間ですね(せめて1週間はテストプレイしたい)

どうしても昔仕様のモンハンが遊びたい!・・・という人はMHF-Zでいいんじゃないのかなw MHWは各武器のコンボ発動時のボタンの押し方がストリートファイターのように画面に表示されたり、△、〇、□、×に割り当てられた機能がDDONのように小さいテキストで表記されるなど、至れり尽くせりといった感じ、PS4の機能をフルに生かしているようですね! この辺りはまた改めます。