So-net無料ブログ作成
検索選択
ゲーム(その他) ブログトップ
前の5件 | -

スーパーファミコン再び! [ゲーム(その他)]


最初はGAME Watchで知りましたが、会社の休憩時間や おひまタイムw でちょっとした話題になっているミニスーファミ (任天堂 公式Webサイト)
ファミコンやスーファミを知らない世代の人たちの中にはオークションで本物を買うと言っている人もいますが、これは手軽で安いのが魅力ですね。
2017/10/5(木)発売予定 7,980円(税別)
見た目が当時のSFCを再現していますが、かなり小さく当然ながらオフライン専用でしょう。TVに繋いでプレイするのでしょうが、HDMIなのか当時のまま赤・白・黄のAVケーブルなのか?仕様を知りたくて公式サイトを見ましたが、まだ記載されていませんね。
7,980円といえば、ほぼPS4の新作一本分のお値段。SFCはゲーム好きになったきっかけでもあり思い出の機種なのと、10月ってPS4の新作は個人的にこれといってないので、思い出の機種としてもかなり惹かれています。 ROMとしてセットされているタイトルではFZERO、スーパーストファイII・・・この2本だけで満足(他のタイトルは知らないか未プレイ。FFXIもプレイしたことないです)

ちなみにミニスーファミ公式Webの説明がblog調で 今ではさまざまなゲーム機でおなじみの右手親指の4つのボタン と記されていますが、これが歴史を物語っていると思います。 上下左右の4つボタンと十字キーとSELECT、STARTボタンは携帯ゲーム機も含めた全てのコントローラーの基本です。

私がスマホゲームが好きでないというか、遊ばない一番の理由は「画面タッチで面白くない」から。 操作性も良いとは言い難く、プレイしていてイライラしてくるし操作的にどのゲームもみんな同じに思えます。二番目の理由は「バッテリーが無駄に減る」から。今は完全に遊ばなくなりました。
にゃんこ大戦争の3DS版が2年前にリリースされていた

ミニスーファミを見たついでに任天堂のWebサイトを見ていたらスマホ版でヒットした、あの「にゃんこ大戦争」が3DSに移植されていたのね。
まず思ったのが「無課金で遊べるw」ということ。見たらステージが日本以外にも拡張され、ネコたちは 宇宙 にまで進出したのですねw 元がスマホゲームなので3DSと相性は良いと思います。DL専用ですが777円・・・妙にやってみたい[あせあせ(飛び散る汗)]
ミニスーファミが欲しくなった理由
内臓されているゲームはかなり古いタイトルなのでこれが目的ではなく、私としてPS4の隣に置いて テレビゲーム機の新旧を見る、部屋のオブジェにしたいのです。

FFI(スクゥエア)、ナイツ(SEGA)、初代ストファイ、FFXIIレヴァナントウィングなどなど・・・未プレイの古いタイトルはPSP、PS3、3DSなどでプレイしましたが・・・ 結局、進めるのがめんどくさくなり、斜め見おろしや一方向への単調な画面スクロールなどで飽きて途中でやめちゃうんです。

続きは、PlayStation Storeの選択がおかしくなった



共通テーマ:ゲーム

突然発表されたモンスターハンターワールド(MHW) [ゲーム(その他)]

モンスターハンター:ワールド

突然の発表に驚きました。最初に動画を見た時「なんかモンハンみたいなゲームだけどなんだろう、真似たのかな?それともHorizon Zero Dawnの続編??」というのが第一印象。
その通り全く別なゲームと思えるほどになったモンハンワールド(略称はMHW)
このタイトルがモンスターハンターと理解できたのはPV最後の方で見れたおなじみ『こんがり肉』を焼くシーンでした。もう何回もこの動画を見てチェックしました。今までの ”しちりん風 肉焼き器” が、 ハイテク肉焼き器 になっていますねw
MHWではサブウェポンが装備できる?

動画35秒程で見れる、小型種を銃撃でけん制しているシーン。ハンターの左腕には、丁度DDONのジョブ・アルケミストが装備できる魔道篭手のような装備が見れます。
迷彩装備で恐竜をやり過ごす

葉っぱでできたカッパをかぶると周囲の植物と同化したような感じになり、敵モンスに気づかれにくくなるみたいです。これもDDONに例えるとフォレストゴブリンみたいw(ぜひやってみたい。これ、かぶって『タコヤキ』でも売るかなww
MHWのプレイング画面は実写に近くなった

←これはMHF-Zの辿異種アクラ・ヴァシム討伐の場面。画像(映像)を見比べてみるとMHF-ZはMH2シリーズからの見栄えをHG画質にして今までのモンハンで高画質としているので違和感はないですが、MHWはシリーズのオープニングムービーそのままの状態でプレイ出来るような感じで、まさに新生モンハンという印象を持ちました。
6/17時点 判明している既存シリーズとの違い(変更された仕様)の一部
・回復時のガッツポーズ廃止、こんがり肉を食べた際の腹たたきも廃止
・ペイントボールの撤廃
・敵モンスを攻撃した際にダメージ数値を表示(敵のHPゲージは表示されない)
・BCで装備変更が可能、BCはフィール内の複数存在する
・自由にクエストの目的に囚われず、オープンワールドに準じた遊び方もできる

最初から14種の武器が存在して、既存シリーズの全武器が扱えるそうです。ウワサ・憶測の範囲で・・・15種目の特殊な武器が存在するらしい → これはPVに出てくるロープ「スリンガー」の事かも。

7/3 初めてMHWのオトモアイルーの画像を見ました。ネコのぬいぐるみみたいw ですが、ちゃんとオトモだというのが解る。MHP3 HD版のオトモをMHWの画質に合わせてよりリアルにしたようなグラですね。オトモのステータス画面がかな~り本格的なのにびっくり。今後の詳細情報公開を待ちましょう!

続きは、6/20 『スペシャル公開生放送』を見てみた



共通テーマ:ゲーム

DISSIDIA FINAL FANTASY最新作が2018年にPS4に投入決定! [ゲーム(その他)]

スクエニからの販促メールでドラクエXIの情報収集でSQUARE ENIX 公式Webサイトを見て知りました。 YouTubeで初回PVとなる動画を見ましたが、FF画質らしく非常に綺麗でFFXV同様に4K対応しているのでしょうね。そして最初に出てくるキャラがライトニング・・・、いえ、全く見たことがないDDFFオリジナルキャラです。フィールドはXIV、XIII、零式を思わせるようなマップですが、何回も見てみると、DDFF専用マップとなるような雰囲気ですね。

バトルは画面を見た限り3人PTみたい。ライトニング・シャントット先生(タルw)そして?????の3人PTを組んで夢の競演ってのをやってみたい!それにしても、SQUARE ENIX は隙なくラインナップを埋めてくるので嬉しいやら、、恐ろしいやら・・・

PV冒頭にコーエテクモのロゴ。ドラクエヒーローズですっかり仲良くなった?それともFFやDQ人気にあやかって下請けにでもなったのかなw FFシリーズにまでコエテクのロゴは見たくもない!! というのが私の意見。 アクションバトルプログラムにも特許とかあるのでしょうかね? (コエテクのロゴ入りで減点5くらいかなw せっかくですが、夜のないくに2も含めて当分不買で~す)


共通テーマ:ゲーム

ゲーム内の料理に影響されやすいw [ゲーム(その他)]

FFXVの料理画像は本格的!

ファイナルファンタジーシリーズは、特にオンライン仕様のFFXI(ミスラ風山串、海串にはさんざんお世話になりましたw)から調理スキルが導入され、料理効果っていうのが結構重要だったりしました。
最新版のFFXVでは、中には「リアルの料理」と思えるような実写に近い画像で、体験版をプレイしたときから『ここまでする?』と思っていましたが、いざ製品版をプレイすると種類の多さに再びビックリ。
G(ギル)を払うことでジャンクランチから水の都・オルティシエで注文できる超高級料理(高ステータスの料理は多額のギルが必要)まで様々。お店で食べることによってイグニスがメモして調理可能となる料理もあるので、なかなか面白いです。
FFXVと日清食品とのコラボはカップヌードル

レスタルムの路上にカップヌードルマークの販売車があるのはすぐわかりました。急にリアルで 食べたくなったので、コンビニで買ってきたチリトマトヌードル(去年12/9に撮った写真)
※ゲーム内カップヌードルは非常食としても扱われていたので、ラスボス戦前とか重宝しました
DDONの料理はアイコン表示

ストーリーが進みザンドラ東の拠点となるゾマはG(ゴールド)を払うことで一部の料理が買えます。ここはLV40代後半から50代を想定しているエリアなので売られている料理も回復量がやや多めで複数のステータスがアップできる料理が売られています(クラフトで作成する手間が省け重宝しています)
今、絶賛プレイ中のドグマオンラインにも料理がありますが、FFほど複雑ではないので覚えやすい。ステーキ系は物理攻撃と防御をアップ、サラダ系は状態異常回復、飲み物が魔法攻撃と防御をアップ(ドグマはワインなどアルコール系ですが、酔っぱらって魔法発動とかしませんw)
タコヤキゴブに刺激されて・・・w

リアル『たこ焼き』をスーパーで見つけ、買ってきておやつとして食べました(^^♪
ま、何回も食べたいとは思わなく、一食・一回食べれば当分いいやって感想。
今回はプレイ日記ではなく、私がゲーム内料理に影響されやすいのをネタにしてみましたww
  この他にもモンハンコラボでたまに発売される回復ドリンク(清涼飲料水)からFFのポーションを模した飲み物とか、いろいろ試したこともあります(実際、リアルHP回復なんて気分次第。飲んだからといって効果があるのかは不明w)ゲームに関連した飲料や食品は子供たちも飲んだり食べたりするでしょうから、極端にマズイの(俗にいう ”ハズレ”)はないですね~

FFXVからHorizon Zero Dawnまで、細切れで尻切れトンボに近い記事となってしまい、復帰して絶賛プレイ中のドグマオンラインもブログにアップしているより、かなり進んでいるので(サービスインの頃と違い、それくらい簡単に進められるようになったとも言えます)断片的な記事ですみません><

続きは『タコヤキ』セリフを喋るフォレストゴブの動画(以前アップした動画をこちらに移しました



共通テーマ:ゲーム

DQXIにふっかつのじゅもんが復活 [ゲーム(その他)]

ハードの垣根を越え進行状況がほぼ共有できる

共有といってもSAVEデータの共有ではないのでアバウトな内容となるそうですが、それでも個々のハードでLV上げしたり、ストーリーを進める必要がなくなる。PS4と3DSの両方でプレイしたい人には”手間”はかかりますが、 朗報でしょう。
この機能を利用してLV飛ばしのズルができるよね
アバウトですが任意文字列による異なるメーカーのハードでの継続プレイって、なにもPS4⇔3DSのみでなく、PS4同士、3DS同士でも可能でしょ。この文字列をプレイしている知人に聞いたり、ネット上で公開してしまえば 例えばLV30、LV50・・・かなり進んだ人のふっかつのじゅもんを入力すればLV飛ばしで途中からプレイできてしまうでしょ?
ま、ドラクエはキャラクタの育成やストーリーの展開といった《途中経過》を楽しむゲームだから、極論を言えばLV99でクリアした人のデータを入力してもほとんどプレイする意味がないでしょうから、SQUARE ENIXも解っていてこの仕様にしたのだと思いました。
スキルパネルが導入

DQ版スフィアボードねw DQXIにスキルパネルが導入されたことで、やり込み要素が強化されたという印象です。
DQXIの発売前にFFXII HDリマスタが発売されるので、時間があるときに攻略サイトや攻略本(今でも持っています)を見て復習しています(特にマクロ機能に該当するガンビットは熟読中)ともかく・・・7月まで新作は買わないで、夏はFFXIIとDQXIを思いっきり遊びたい。暑い夏だからPS4のVitaやPCとのリモート機能でTV以外のプレイが多くなると思っています。

いくらかFFのグラフィクスに近づいたPS4版DQXI

ざっと見て「ドラクエヒーローズのグラと同等」と思っていたのですがDQXIは開発元がDQHと違うので、よ~く見ると例えばキャラクタの顔がDQHよりいくらか立体的になっていたり(DQHはのっぺらとしたアニメ調)、街やフィールドのグラフィクスもDQHと違う感じです。

オープニングムービーを見ました。ナンバリングドラクエなので《拠点防衛のオンパレード》w ってのはないでしょ。 Movieでごく一瞬だけ見れて、個人的に気になるのが
ドラクエ初? 双剣ジョブ
DQHにはなかったよね。二刀流・両手剣・タガーなどと呼ばれる場合もありますが、モンハン、FFXV、仁王、ドグマオンライン・・・ガードを捨てアタッカーに特化した双剣ジョブはアクションゲームの醍醐味(元々”ゴリ押し”が好きなんです)
イカがいかんww
船で移動中に襲撃される場面が一瞬見れます。海上での大型モンスとのバトルは最近プレイした(している)他の新作にないので楽しみです!!


共通テーマ:ゲーム
前の5件 | - ゲーム(その他) ブログトップ