So-net無料ブログ作成
検索選択
ゲーム(その他) ブログトップ
前の5件 | -

DQXIにふっかつのじゅもんが復活 [ゲーム(その他)]

ハードの垣根を越え進行状況がほぼ共有できる

共有といってもSAVEデータの共有ではないのでアバウトな内容となるそうですが、それでも個々のハードでLV上げしたり、ストーリーを進める必要がなくなる。PS4と3DSの両方でプレイしたい人には”手間”はかかりますが、 朗報でしょう。
この機能を利用してLV飛ばしのズルができるよね
アバウトですが任意文字列による異なるメーカーのハードでの継続プレイって、なにもPS4⇔3DSのみでなく、PS4同士、3DS同士でも可能でしょ。この文字列をプレイしている知人に聞いたり、ネット上で公開してしまえば 例えばLV30、LV50・・・かなり進んだ人のふっかつのじゅもんを入力すればLV飛ばしで途中からプレイできてしまうでしょ?
ま、ドラクエはキャラクタの育成やストーリーの展開といった《途中経過》を楽しむゲームだから、極論を言えばLV99でクリアした人のデータを入力してもほとんどプレイする意味がないでしょうから、SQUARE ENIXも解っていてこの仕様にしたのだと思いました。
スキルパネルが導入

DQ版スフィアボードねw DQXIにスキルパネルが導入されたことで、やり込み要素が強化されたという印象です。
DQXIの発売前にFFXII HDリマスタが発売されるので、時間があるときに攻略サイトや攻略本(今でも持っています)を見て復習しています(特にマクロ機能に該当するガンビットは熟読中)ともかく・・・7月まで新作は買わないで、夏はFFXIIとDQXIを思いっきり遊びたい。暑い夏だからPS4のVitaやPCとのリモート機能でTV以外のプレイが多くなると思っています。

いくらかFFのグラフィクスに近づいたPS4版DQXI

ざっと見て「ドラクエヒーローズのグラと同等」と思っていたのですがDQXIは開発元がDQHと違うので、よ~く見ると例えばキャラクタの顔がDQHよりいくらか立体的になっていたり(DQHはのっぺらとしたアニメ調)、街やフィールドのグラフィクスもDQHと違う感じです。

オープニングムービーを見ました。ナンバリングドラクエなので《拠点防衛のオンパレード》w ってのはないでしょ。 Movieでごく一瞬だけ見れて、個人的に気になるのが
ドラクエ初? 双剣ジョブ
DQHにはなかったよね。二刀流・両手剣・タガーなどと呼ばれる場合もありますが、モンハン、FFXV、仁王、ドグマオンライン・・・ガードを捨てアタッカーに特化した双剣ジョブはアクションゲームの醍醐味(元々”ゴリ押し”が好きなんです)
イカがいかんww
船で移動中に襲撃される場面が一瞬見れます。海上での大型モンスとのバトルは最近プレイした(している)他の新作にないので楽しみです!!


共通テーマ:ゲーム

ストリートファイターVを始めました [ゲーム(その他)]

キャラごとのストーリーは短い

ストファイシリーズおなじみ、各キャラごとのショートストーリーは3戦か4戦とかなり短いので短時間でクリアできて序盤のFM(ゲーム内通貨となるファイティングマネー)稼ぎにもってこい。静止画でセリフ(喋ります)を見ながら進めるタイプですが、キャラによって殆どバトルのみで完結することもあるので手軽に楽しめるのが良いと思いました。
FMやキャラクタLVが上がるのは初回のみ。同じキャラで1回クリアしたショートストーリーの2回目以降は経験値やFMは全く獲得できません。
ジュリ、ゲット~

サバイバルモード(EASYだよw)やショートストーリーを進め11万FM貯まったのでジュリ(10万FM、またはリアル600円払うことで開放)をゲットしておきました。
←ストファイVのジュリはIVと違って通常の必殺技がおとなしくなった感じ。ド派手なエフェクトのCA(クリティカル・アーツ)の殺界風破斬は破壊力抜群。
サバイバルモード2回目はジュリでクリア

こっちが前作までのストーリーモードに該当すると思います。10戦を勝てばクリア。1戦ごとに獲得スコアで回復やST強化なども出来る救済付きw(不要ならパスしてスコアを温存できます)このモードも初回はFMや経験値が獲得できるので、貯まったFMで別なステージを開放する予定。
PS4で初めて格闘ゲームをプレイしましたが、非常にテンポよく進み、Dual Shock4でコマンドを入力すると入力受付の遅延を殆ど全くといっていいくらい感じなく快適にプレイできますね!背景はおなじみの原色が多めな派手系ですがかなり綺麗に見えます。体験版とは一部キャラのデフォルトコスチュームが違っていたり、通常の必殺技が違ったり・・たぶん調整が入ったのでしょうね。
ゼネラルストーリーが面白い(無料 ファイルサイズは8GB)
左:これ、Call of Duty Infiniteじゃないよw 悪の組織シャドルーの黒い月は衛星兵器?
右:ゼネラルストーリー専用のNPCとも戦えますがシャドルーの雑魚兵なので激弱(ほぼサンドバック状態w)

ゼネラルストーリーは無料なので ”紙芝居方式” と思っていたら、他のRPGのように3DのストファイVのキャラクタでバトルマップ以外の場所も出てきたりと、ストファイ初のストーリーだけあって力が入っていると思いました。
MHF-G最後の宴イベントで実際に払うなら約6,500円程かかる有料オプションコースがタダで開放されたのと、極の型が格闘ゲーのようになっていたなどCAPCOMに好感が持てストファイVを買いましたが(新品が安く売っていたというのもあるw)、格闘ゲーなら次はキングオブファイターズIVもプレイしたい。

続きは、ゼネラルストーリークリア(3万FM貰えました



共通テーマ:ゲーム

PS4のゲームが面白い [ゲーム(その他)]

PlayStation Storeに早くもMHF-Z専用サイトが登場

かなり力入れてる感じ。上から順に見ていけば誰でも目にとまる「目立つ位置」に告知されています。※現時点では特典の応募など準備段階です(PS4のストアのみ)
テストプレイ参加者向け特典が選択できるようになっているのと、PlayStation Plus会員なら無料で専用防具が貰えるようになっていました(Plus会員特典は初めて見ました)
PlayStation Storeの背景はMHF-Zに出てくるエスピナス辿異種、ハンターもまだ発売になっていないパッケ付属のエヴォルという防具です(PS4以外の機種向けパッケージ)。PS4版のテストプレイは現行のMHF-G10.1です(MHF-Zは全機種テストプレイを設定していない)
再来週からPS4でMHF-Gをテストプレイできる!

今週末はPS4ゲームに夢中ですが、例のログインボーナスを利用してMHF-GもVitaで少しはプレイします(防具の強化素材集め)PS4版はマニュアルもまだ公開されていませんが、どんな仕様なのか早く知りたい。
メゼポルタ広場もリニューアルされるのでしょう。何かの出入り口ですが、クエスト用なのかログイン後のゲートなのかまでは解りません・・・モンハンZはPS4のサービスインが他機種より半月ほど後なので、最初はVitaで様子見です。
※※CAPCOMのPS4版テスト用のWebサイト↓
テストサーバーのハンターやアイテムなどのゲーム内データは、テスト終了後にすべて削除されます。本番サーバーへのデータの反映、移動などは行なえません。

ということは、今プレイしているキャラクタでPS4のテストに参加できないみたいです。SENとCOGのIDを連携していてもテスト用のキャラを作成してHR1からのプレイになる予感。まぁ、これの方が安全かな。現役の、3年もかけて育てたキャラを削除されてしまったら・・・たまったもんじゃない(バグが絶えないMHF-Gだから、万が一のためにも別キャラでテストしたほうがよいでしょうw)
いいところで終わっちゃうバイオハザード7体験版

スタートすると、バイオハザードの原点に戻ったような雰囲気で、この体験版の結果を書いてしまうと外に出た瞬間に背後から「お前も家族の仲間だ」と、ゾンビ化したある人に襲われるシーンまで。まさに『続きが見たい!』っていういいところで終了でした。
バイオハザード7体験版って確か最初の頃は体験版といえPS Plus必須でしたが、今はPS Plusに関係なく誰でもPlayStation Storeからダウンロードしてプレイできるようになったのですね!(PS4を持っているなら、短時間で終わっちゃいますが、ぜひ体感してみください。恐怖よりも・・・鍋の蓋を開けると腐った煮物とブリゴキが出てくるシーンがおぞましいかもww)
細かい点が修正されたWorld of Tank

CPUが操作する訓練モードが少し修正されました(マップや選択できるシナリオはそのまま)久しぶりにプレイしたら面白くてハマり、深夜までオンラインプレイしていましたw
←大日本帝国軍が誇る戦車ってこんなの? 訓練モードですら殆どAIに勝てないw Tire2 Ha-Goにしたら訓練、オンラインともやっと勝てるようになりました。
World of Tankは北米サーバーで再び進駐軍に参加w
日、中、仏と戦車も増え、新マップがさらに追加されて面白い。半年ほど前に比べ、微妙な調整が入ったのかな、対戦してみてそんな感じ。前面装甲が硬いT28が意外とあっさりやられてしまったり、やはり硬いTireXのドイツ軍E100もダメ入りやすくなった?
ゲーム機の買い替えっていつがよいのか??
ソフマップで初期型PS4(カメラ同梱)の買い取りが1.7万円。私は先を見越して新型PS4が発表される前に2.4万円で買い取ってもらったので、今になって正解だったと思っています。買い替え時期の判断は人それぞれ。PS3の時はBlogにもアップしたように初期型を修理してまで使いましたが、そのあと3000系に買い替え、MHF-Gがプレイしたくて4000系を中古買い。
11月に発売となるPS4 ProはHW面ではCPUやグラフィクス系が強化されている以外に最初から1TBのHDD搭載なのを最近知りました。総合的に考えると4.4万円で買えるなら初期型PS4より断然お得だと思います(PS4 Proはかなり好調ですね! 殆どのお店で予約受付終了となっています)

続きは、バイオハザード7体験版をプレイなど



共通テーマ:ゲーム

モンスターハンターストーリーズに興味大! [ゲーム(その他)]

モンスターハンターストーリーズ(公式略称はMHST)

ファミ通のモンスターハンターストーリーズを見て、読んで、カプからのメール(販促w)も見ていたら関心が高まったので公式Webサイトとnew3DSのスペックなどを調べています。
←Vitaで見たMHSTの公式Webサイトのスクショw
遊びたいゲームに合わせてハードを選ぶ
MHSTはプラットフォームが3DSなので、new3DS(LLでないほう)を調達してプレイしたい。ハードは「どっち」、ではなく「どちらでもいい」です。かつてMH3がプレイしたくてWiiごと買ったことがあります。
→→ 9/19 ゲーム関連の情勢がガラッと変わったので、余裕ができたらMHSもプレイするかも。やっぱり新型PS4+モンハンZで遊びたい!(今秋の優先事項ですw
MHシリーズの誰かに似たキャラもいる

MHSTに出てくるリリア(主人公の幼馴染)が、MHF-Gの笛吹きチルカにソックリw(子供の頃のチルカをアニメ化したらこうなるでしょうという感じ)
お子様向けで『ぽかぽかアイルー村』同様のスピンオフタイトルでしょうが、ゲーム内容をよく見るとモンハン本編をプレイしている大人でも楽しめそうな内容だと思いました。
ストーリーズと名乗っていますがRPGの要素は低めな感じで、どちらかといえばオトモン(たぶんオトモモンスターの略w)の育成が主たる進行内容でしょうね。

拠点とマップはMHST用の完全新規

MHSTに出てくるモンスターはMHPからの歴代モンスターで知名度が高い個体ばかりですが、拠点やマップが完全なオリジナル(新規)です。
モンスターを召喚するのではなく、共に戦う仲間として育成して冒険を進めるという内容で、MHF-Gのように捕獲してペット化するのでなく、卵から孵化させるようです。

プロモーション映像4も見ました(オトモアイルーに該当するナビルーが可愛くないw)
2016年後半はVRゲームが旬ですが、かぶりもの(HMDやPS VR)はプレイしていて疲れるので HMD装着なら私は1時間が限界(戦闘機や戦闘ヘリを操縦するゲームなら30分くらい)
3DSの立体視はMH3G体験版でガノスの水中戦をプレイしたこともありましたが・・・3Dモードをオフにして遊びました。MHSTはバトルがターン性なので3DSの立体視でもそのまま楽しめるでしょうが、見ずらいようなら普通の画面でプレイします。かぶりものではないので『いつでもモードが切り替えられる』のは便利です。
GAME Watchの「モンスターハンター ストーリーズ」最新試遊版プレイレポートの記事も見ましたが、非立体視でも綺麗なアニメ調の画面なので充分楽しめそうです。

続きは、モンハンモンスの必殺技には名称が存在するなど



共通テーマ:ゲーム

ついに!FFXIIがPS4向けにリリースされます(2017年発売予定) [ゲーム(その他)]

FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE 2017年にPlayStation4で発売予定(時期未定)

帰宅してからGAME Watchを見て知りました。いや~びっくりです!! FFXはとっくにPS4とvita向けにリファインされて発売になり、FFXIIIはPlayStation Nowでレンタル形式ですがPS4でプレイできるようになりましたが・・・シリーズ中、個人的に一番好きなFFXIIの焼き直しが出てこないので、3DSを持っていた当時レヴァナント・ウィングをプレイしたこともあります。
10年経っても覚えているくらいやり込んだFFXII
イヴァリースの世界

ジャッジマスターの装備、帝国艦隊と様々なメカ、アルケィディア帝国の街・・・スターウォーズのパクリなんじゃないかと、当時FFXIIは世界観の点でも話題性があったタイトルです。
←冒頭のMovieはかなり長い。FFの人気キャラ、ライトニングと対照的なアーシェ王女。
FFXIIのストーリーはファイナルファンタジーシリーズにしては、それほど複雑ではなく、完全正義 vs 敵役の帝国 というRPGの王道でわかりやすいと思っています。帝国の首謀者「討伐」後(ラスボス戦。「討伐」というのは、もはや人間でないから)ある人物がジャッジマスターになるので、帝国が「悪」というわけでもなかったと覚えてます。
稀にしか登場しない召喚獣アルテマ

PS4版でも苦難を乗り越えぜひゲットしたい召喚獣の一体。アルテマはかなり後半で、ストーリー外のイベント。アルテマがいるエリアまでたどり着くのも、オフラインゲームの域を越えていて当時としては苦行だったのを今でも覚えています。
球体状の3次元マップ・・・いかにもFFらしいですが、攻略サイトを見ながらたどり着きました。そして。バトルフィールドはHP減少、MP減少、魔法封印、戦う(物理攻撃)封印と時間で変化するマップ。とても戦いにくい相手で、HP/MPを反転する魔法やアクセサリを駆使して戦ったのも思い出した><(初戦敗退で全員LV77のPTで倒せた)
記念に持っているFFXIIのディスク

今から10年も昔、2006年のタイトル。初期型PS3(PS2タイトルがプレイできた)で遊んだのを最後に、個人的にメモリアルディスクとしてこれだけは買い取りに出さずに持っています。
当時はADSLが主流でオンラインでゲームをプレイすること自体が、まだまだ珍しというかマニアックな時代でした。
FFXIIはオフライン専用ゲームなので、今では想像もできないような分厚いマニュアル。改めて読み直してみると、これがPS4でよみがえると思うと今秋リリースされるFFXVとは別に、私的にかなり期待しています!(オンゲー並みにヒマつぶしできるくらいたっぷり遊べるw) オープンワールドや今のアクションバトルの先駆けとなったFFXII(バトル自体はセミアクティブバトルでコマンド選択中は時間が止まりました。PS4版もこのままなのか?現時点では未公開なので不明です)  FFXII SQUARE ENIX公式ティザーサイト
ご覧いただきありがとうございます
こんな昔のタイトルをネタにしてみたら、思いもよらぬPVの多さなのでTable組して画像も差し替えました(召喚獣の画像はYouTubeより)FFXIIは私がBlogを書き始めた起点なので特別な思いもあります。

2006年なら28インチ トリニトロン(ブラウン管式の)テレビでプレイしていました。「プレイ画像付きblogなら受けるでしょう」と考えてはみたもののPS2にキャプチャ機能なんてないので、「デジカメでTVの画面でも撮るかな~」 ・・・肝心のデジカメ?あ、そういえばDIMAGE がまだあったかも(この年にα100を買ったのはFFXIIをプレイした半年後だったのです)仕方ないのでDVDデッキ経由でプレイしてDVDに録画した動画から静止画を切り出して・・という超めんどくさい手段を使いました。
FFXII以降のシリーズは術者(召喚者)と呼び出された召喚獣というバトルスタイルとなってしまったのが残念です(FFXIVは処理が重くならないように小さなエギであって、召喚獣じゃない。偽りの品w)

続きは、FFXII思い出の召喚獣などです



共通テーマ:ゲーム
前の5件 | - ゲーム(その他) ブログトップ