So-net無料ブログ作成
デジモノや雑記など ブログトップ
前の5件 | 次の5件

4年ぶりにPCモニターを買い替える [デジモノや雑記など]

CPに優れたI/O DATAのモニター

10年前くらいにI/O DATA製17インチモニターを使っていましたが、寿命?故障したのか画面がノイズのみで何を接続しても映らなくなったので、iiyama、三菱と使ってきました。 ASUSの4K対応モニターも考えましたが、対応するハードがなく買っても意味もないのでネットでの評価などを調べてコストパフォーマンス抜群のMF225XBR-Aにしました。
ソフマップのポイントも使ったので約1.6万円で買えました。「ノートPCをデュアルディスプレイで使う & プレステでも使う」が機種決定の条件なので、HDMI接続可能でフルHD対応モニターが対象(HDMI端子なしなら1.4万円代とさらに安くなりますが、どれもイマイチな値段相応の仕様ですね~) ソフマップの店頭で見てアウトレット扱いの展示用ディスプレイ(プリンストン製24インチ・HDMI対応)が、なんと1.6万円だったので「これにしよう」と思い、聞いたら・・・すでに売り切れてたw
MF225XBR-AはHDMIの音声信号にも対応しているので、HDMIケーブル接続のみで映像+音声が楽しめます(PC側がHDMI音声出力にも対応している場合)
発泡スチロールがちぎれやすいw

安いだけあって梱包部材も『とりあえず固定できればよい』程度の一番安い部材なんじゃないのかなw モニターを固定している発泡スチロールがちょっと触ったくらいでもポロポロとちぎれる始末。。いろいろな機器を買っていますが、これほどちぎれやすい発泡スチロールって今回が初めてw
今までと変わらぬ環境

ノートPCの14インチモニターのみでは狭すぎて、画像編集・blog書きなどの趣味としての用途から、Excelと他のアプリ同時起動でのワークまで効率が悪くなるのでWindowsXPの頃からデュアルモニターで運用しています。
スマホデジカメで撮ったので画質がイマイチですが、やはりモニターも新しい方が良いですね!いろいろな画像・動画を見ましたが、値段の割にこれなら実用上問題なく使えます(モニター側の画質は標準・写真・動画の3つしか選択できません)ちなみに、固定台の取り付けが極めて簡単(爪をひっかけて押し込むとロックされる方式、外し方も説明書に書いてありました)、本体が軽くて持ち帰りも楽でした(タクシー不要w)
PS4接続でも問題なく使える

PS3と違ってPS4は全て自動実行されるのでモニターを変えても設定変更する必要もなくすぐ遊べますが、『音』だけは接続端子の再設定が必要です。 初めてMF225XBR-Aに接続しましたが、音はHDMIメインでLiner PCMとなっていたので、TVで使っているのと同様に光メインのDOLBY(ビットストリーム)に手動変更しました。
↑ PS4のテーマはBGM付きで楽しい(^^♪ 『よるのないくに』の特典で貰ったガストのテーマはBGMが単純・軽快な曲なので気に入っています。

マイWindows10、絶好調!!
同じハードなのでWindows7に比べて《ログインから実作業開始可能》までの起動が速くなったのが体感できていて、とても満足しています(Windows10は無料なのでお得感満載って感じ)逆に、シャットダウン時は「PC本体の動作LEDが全て消灯して完全に動作が止まる」までWindows7よりやや時間がかかるようになったと思います。

アプリについてはVAIOなのにSONYのPlay Memoriesが拡大画像を選択すると「x86モジュールエラー」が表示され閉じてしまうので・・頭にきてアンインストールしてしまいましたw 無理にPlay Memoriesを使わなくても、α用の現像ソフトは動作するし、PS4でも今はPS4メディアプレーヤーによってメモリカードや外付けHDDの写真が見れるように対応してくれたので不便もなく問題ないです(Play Memoriesだとオンラインストレージ利用なので、PCから写真のアップロードをしてPS4で見るとか・・・めんどくさい)
ホント・・・SONYのアプリはダメね。大量にある(自分で撮った)写真データの管理はPhotoShop Elements OrganizerかCanonのDPP使用ですが、CanonのアプリでもαやNEXのJPEG画像なら問題なく閲覧可能でPhotoShopより軽く処理が速いのが良いです(動画は不可。SONY機で撮った .m2tsのAVCHD形式の動画はDPPでは再生されません)

続きは、MF225XBR-Aの音はどうかな



共通テーマ:趣味・カルチャー

Windows10に移行してみて(その3 デスクトップに時計の貼りつけ [デジモノや雑記など]

Windows10のライブタイルは差し替えなどができる

スタートメニューを立ち上げると右側に表示される大きめのアイコンはライブタイルというのですね。私はWindows8をパスしたので7と8の合作のようなWindows10では知らない名称もあるのでいろいろ調べていたら、自分好みに変更も可能です。
このライブタイルはマウスの右クリックから開くメニューに使わないタイルを削除(スタート画面からピン留めを外す)、よく使うアプリを追加(ピン止めする)したり、ドラッグして入れ替えもできるので自分の好みに差し替えてしまいました。
Windows10でもデスクトップに時計を常時表示させたい

Windows10標準のアラーム&クロックはデカすぎて邪魔なので常時表示というわけにいかない。時刻や日付を見るのに都度アプリを起動したくなく、Windows7の時のようにガジェットタイプの時計がほしいので探してみました。
※ローカル時間(PCの所在地)以外は自分で追加した地域。
我が家もSo-net NURO光回線へ!
昨日のク○暑い午後w So-net正規特約店の方2名(新人さんと上司)が 訪問営業(※該当者のみの家だけ回ってるとか)に来ました。とにかく休日になるといろんな ろくでもない訪問(リフォームから宗教までw)が来るのでテレビドアホンで確認してから”断って”います。
昨日は『So-netの特約店、担当の○○ですが・・・』 これを聞いて、例の「通信料が安くなるプラン」と直感ですぐ判りました^^ 結果から言うと説明(暑い中で30分程w)を聞いて納得したというか、So-netからのメールでNUROの仕様を知っていたので契約したのです。
NUROはまだ一都六県(実際は東京都の周辺くらい)しか対応していないそうですが、何よりも月額5,643円(オプション込)と現状より2,000円以上安くなるのが嬉しい[グッド(上向き矢印)]
2GBの回線速度はカタログスペックで、今までの経験から「カタログ上の速度」が出る訳がないので気にしていませんw 以下、NUROに乗り換えた理由。
 1.月額が安くなる(+12月にキャッシュバッグで1万円戻る♪)
 2.最新の無線LAN内臓の新型モデム(ONU+光電話用のTA:ターミナルアダプタ)が使える
 3.Windows10に対応したカスペルスキー セキュリティソフトが無料で5台まで利用可
  これ、Windows10専用の新機能も利用できて、スマホとPCで使えるのでお得感ありです。
 4.So-net正規特約店の方だったので安心できた
不満と言うか、仕方ないのは固定電話番号が変更になること(NURO光電話に変えたため)、PS4がタダで貰えないw これは新規にSo-net加入+NURO申し込みの方のみなので・・・2台目のPS4を目論んでいたのですが残念。
3月にSo-netから来た変更案内は放置したままw

はがきの案内以外にもE-Mailでも何回か来たかな。2005年に帰国してからB FLET'SとSo-netを再契約して・・・気づいたら10年近くそのまま利用していたw
昨日、訪問に来た営業の上の方に『今契約中のコースは何でしょうか』と聞かれて・・・『?』(そんなの覚えてないw)
今日は大雨で公休となってしまったのと、15時過ぎ頃にNURO契約分のメールが7通も来たので、殆ど全くと言っていいくらい見ていないマイページで確認しました。

スマホプラン、電話料金、インターネット契約は定期的に確認しましょう(←思いっきり自分の事w)
「So-net 光 with フレッツ S」を安い料金プランに移行しなかったのは、手続きが非常にめんどくさいから。個別の識別ID(お客様番号)を発番して、それを自分でNTT東に電話連絡する必要があるし、確か工事手続きも自分で行うので殆どセルフサービスに近いため放置したままだったのでした。現在はNTTファイナンスがSo-netの分も代行してくれていますが、約7,700円(電話利用によっては9,000円くらい)毎月払っているので、少しでも安くなるのはとてもうれしいです。
でもね・・・さすが東京+周辺ということで申し込みが多いらしく、我が家の設置・移行工事はおそらく9月に入ってからでしょう [phone to] 申し込んで一週間後、8/23(日)に電話連絡がありました。9/9に宅内工事、翌日10日に続けて屋外工事も出来るとのことでしたが、平日立て続けに2日間も休めないので屋外工事は週末土曜に決定。9/12から利用開始可能の予定です[ハートたち(複数ハート)](なんか、、スゲー嬉しい気分w)

続きは、本日のお題目。Windows10のデスクトップに時計を設置!



共通テーマ:パソコン・インターネット

Windows10に移行してみて(その2 Bluetoothスピーカーの再設定) [デジモノや雑記など]

今回はWindows10の音に関して。PCの外部スピーカーとしてSONYのBluetoothアクティブスピーカーGTK-N1BTをメインにしていますが、 本来の性能で楽しめるようになったと思います。
Bluetoothスピーカーから音が出なくなった

Windows10にアプデしたらWindows7で登録しておいた全てのBluetooth機器から音が出なくなってしまったので、登録情報を削除してリ・ペアリングしてみました。
結果からいうと、たぶんですがWindows7で登録した情報が引き継がれて残っていただけでBluetooth機器を認識していないと思います(実際、各登録機器の操作タブがグレーアウトしていてプロパティが開かないので変更操作等が実行できません)
Windows10のコントロールパネルってどこにあるの
Windows95以来おなじみのコンパネがWindows10ではスタートメニューにない(設定という項目内にもコントロールパネルの項目は存在しません)
デスクトップ上でマウスの右クリックから「個人設定」を選択、「テーマ」→「デスクトップアイコンの設定」を開くとコントロールパネルの項目があるので、これにチェックを入れると上の画像では見づらいですが、デスクトップ上にコントロールパネルアイコンが表示され、クリックするとWindows7などと同様に詳細な項目が表示されて選択・調整等が可能となります。
さらにペアリング情報の再登録も必須

登録機器を削除しても何故かWindows10ではBluetoothペアリング情報が残ったままなので、こちらも削除して新規でペアリングする必要があります。
左の画像はWindows7で登録されたペアリング情報の削除とGTK-N1BT側をペアリング状態にして同時進行させたので同じ機器の削除と登録が表示された不思議な状況になっていますが、正しく機能しました。
Windows10としてペアリングに成功

ペアリングに成功するとBluetoothスピーカーGTK-N1BTのディスプレイに使用しているパソコンの名称(※PC名をつけている場合)が表示されるのでこれで完了です。あとは、本当に音がでるかの再テスト。
復活!!

YouTubeでSony Music公式の乃木坂46を聞いてみた。今まで通り、Bluetoothピーカーで簡単に接続できて迫力ある音楽がWindows10でも楽しめる♪
・・・なんか、Windows7の時と違うような。クリアでボリュームを上げても低音が音割れしなくて心地よいかかり具合。
静止画、動画、音楽、音声用のdriverはWindows10用に改良が施されているでしょう。
Media GoでCDから録音した.mp4形式の音楽も聞いてみました。PCからBluetooth接続で聞いてもGTK-N1BT本来の音質で楽しめるようになったと思います。手持ちの音楽再生ソフトで、いろいろな音楽を聞き比べて(私の耳でもw)Windows7の時より全然良い音質です!よ~し、この調子で小型のBluetoothスピーカーSRS-BTV5なども再設定します。
★接続するスピーカーによってはWindows10でも変わらない(変化がほとんどない)場合もあります。手持ちUSBスピーカーはWindows10でも7の時と同じ聞こえかたです。

参考になったか否か、この記事のPVが日々コンスタントに多いのはトラブル対処かな?
1.Bluetooth機器と全くペアリングしない
たぶん、たぶんですが機器側になんらかの問題があると思われます(BluetoothのVerが古い、PCのハード固有の特徴、または特定機器としか接続できない。など)
2.Bluetooth機器とペアリングしたけど再接続しない
Windows10を起動してブラウザや音源再生ソフトを起動し「音」を聞いている途中で、登録したBluetooth機器の電源を入れると、たまに自動接続しない場合があります。私はPC側のBluetooth通信をOFF→ONとして音を聞いたまま再接続しています。
※ここに書いたのはWindows10+Bluetooth機器の場合。他のWindowsでこの通りできるか不明ですが、Windows7使用時と同じ対処をしています。

続きは、Windows10で楽しむ音楽と映像



共通テーマ:パソコン・インターネット

週末はWindows10を使い込んでみる [デジモノや雑記など]

フルHD TVと相性がよい

Windows10にアップグレードしたら、Windows7と使い勝手が違う部分もあるので『習うより慣れろ』ということで、カスタマイズしながら 見る・聴く・操作 をして覚えています。

今日は帰りに3mのHDMIケーブルを買ってきて(HDMI3.0対応ですが、私のVAIOが2.0にしか対応していないのでHDMI2.0での運用)早速TVとPCを接続して試してみました。
メイン:VIERA(TV)、サブ:VAIOのモニターという設定。
Windows7と違うのはタスクバーがサブ側のモニターにも表示され機能する、壁紙が別々に表示される(確かWindows7ではサブモニターでも同じ壁紙だったように覚えています)

Windows10になって音源用のドライバーも一新したでしょうが、HWは全く同じです。でもYouTubeでミュージックビデオを見たり、Media Goで音楽も聴いてみましたが、やはり7とはビミョ~に聞こえかたが違うように思えました。
音声はPC-《HDMI》- TV -《アナログAVケーブル》- プレステ用CECH-ZVS1Jサラウンドスピーカー 気になったのが警告音や効果音が7に比べて小さくなった事。Windows7の時は音量レベル50でも警告音はXP同様に大きめでしたが、Windows10ではかなり小さいのでノートPC単体で使用する場合はスピーカーの音量レベルを75で使用しています(それでも内蔵スピーカーでは小さい音です)
YouTubeといえ1080Pの解像度なら綺麗ですね! 好みの写真や気になるデジカメ・レンズのサンプルイメージもいちいちSDカードにコピーしたり、PS4経由で見るのはめんどくさいですが、直接PCをフルHDTVに接続すれば問題解決w 写真、動画、音楽が簡単に楽しめます。そして、Windows10が思っていた以上にパフォーマンスがよいので今まで使用していた7並にサクサク動くので気分良いです[グッド(上向き矢印)]
電源投入時のWindows10

Windowsロゴではなくスマホ起動時のような画面となり、マウスのクリックでログイン画面に切り替わります。
UIはWindows8ライク

Windows8はMSのWebサイトなどで広告を見た程度で、実際に導入もしなかったので「だろう」の範疇ですが、Windows10のタスクバー左端(Windows7などでのスタートボタンの位置)にある窓マークをクリックすると左の画像のようなパレットが開きます。 最初はシャットダウンがどこにあるのか解りずらくて迷いましたが、電源をクリックすると「スリープ」「再起動」「シャットダウン」が選択できます。
恐らくタッチパネル式モニターを使用した場合と兼用なのでしょうね。Microsoft Edgeを第二のブラウザとして使えるよう、お気に入りをIEからインポートしてカスタマイズしています(仕事以外でごく簡単に利用できるようにお気に入りは趣味でもよく使うWebサイトのみにしてIEと使い分けします)
自分の好みにカスタマイズ!

Windows10ではタスクバーの色や透過度まで設定できる。エクスプローラーは上部のファイル、ホームなどをクリックするとExcelなどMS Officeと同じくリボン式です。
★エクスプローラーがXP時代に戻った感じで隠しファイルやフォルダもしっかり表示されるのが良いですが、逆にPCに詳しくない人(開発者ではない人)が下手に触ると重大なトラブルになりかねない危険もあります。
使うほどに新しさを感じるWindows10
このblogを書きながら、いろいろ試してもいますがフォトビュアーの枠が黒で(ほぼ無いに等しい)、写真が見やすくなったり、全体的にはWindows標準ソフトウェアのフレームが実質的にないに等しいくらい(実際はマウスでつまめるように1mmくらい残ってるw)になっていてコンテンツを注視しやすいようになったと感じています。

8/8(土)Windows10はガジェットが廃止さた代わりにスマホのようなWindowsアプリというのがデスクトップで利用できるようになったのでApp Radioを取得するためMSアカウントを再作成してそのままPCをシャットダウンしたら、次回ログイン時からMsアカウントでログインするようになってしまい、他のユーザーに切り替えられなくて非常に焦りました。 もしもの場合に備えて、PCメールが受信できたり、Webサイトが閲覧できる他のネットワーク機器必須ですね><(2台目以降のPC、スマートフォン、PS Vitaなどがあると保険の意味でなんとかなります)

続きは、ログイン時にログインユーザーの変更が出来ないWindows10(Microsoftアカウントが勝手にデフォルトになる



共通テーマ:パソコン・インターネット

Windows10はすぐにアップデートしない [デジモノや雑記など]

時間がかかる更新プログラムはWindows 7用でした

7/29からWindows 10へのアップデートが開始されましたが、どうやら「すぐ」には更新されないようです。 週間アスキーさんの 「いつ来るの?」Windows 10 を読んで納得。いつもながらMicrosoftの告知は下手以前に『誤解を招くような表記』ですね。
←DLにも長時間かかった更新は残念ながらWindows 10用ではありませんでした。
Windows 10を入手するタブが更新されました

私のPC(VAIO CW1)は最新スペックじゃないですが、Windows 7 SP1適用で正常に稼働しています。アスキーさんの情報によると一般ユーザーが10にアプデする場合、遅ければ30日以降になるかもしれないとのこと。Windows始まって以来、初めて上位バージョンへ無償提供となるので気長に待ちます。
『準備が出来たら通知する』とは、MS側からの通知です。この文面だと 「私のPCは準備が出来たからクリックして通知」・・・《全く更新されないじゃん!!》というオチになると思うのw これでは日本語表記としては上から目線的な文面なので「お客さん=ユーザー」に対してはよくないですね。
強制実行しても反応なし・・・

それでも、PC Watchの記事を読んでスタート→プログラムの実行からWindows Updeate用強制コマンドを実行してみたw
結果は反応なし(エラーもなし)でした。
8/6確認 キターー!

朝6:30過ぎ、《第六感》でWindows 10のタブをクリックしたら画像の通り。これでいつでも都合の良い時にWindows 10にアプデできる! 今日、8/6(木)帰宅したらアプデしてみます。
※USBメモリかDVD(いずれも3GB以上)が必須みたいなのでDVD RAMを用意しておきました(BDは不可みたいです)
8/2現在、音沙汰無しw 古いPCは後回しなのかもしれません。きっと、どうでも良くなった頃にアプデが始まるかも。

8/6(木)アップデート可能となりました(任意なのでキャンセルも可能です) 帰宅してPCを立ち上げたらこの画像の通りで《いつでもいらっしゃ~い》状態w
実際、実行してみたら補助となる外部媒体は不要で予想以上に速く完了できました。

続きは、Windows10にアプデした様子です



共通テーマ:パソコン・インターネット
前の5件 | 次の5件 デジモノや雑記など ブログトップ