So-net無料ブログ作成

遅ればせながらモンハンワールドのプレイ開始 [MHW]

祝:全世界500万本出荷

MHP3が一週間で達成した450万本を上回り、FFXVの全世界600万本の記録に迫る本数ですね!
都内大手量販店とそのネット店舗でパッケージ版が売り切れですが・・・帰りにソフマップに7本だけあり通常版ですが8,400円(税込)だったので買ってきました(^^♪
文字通りの”通常”でなんの特典も入ってないですが少しでも安いのがなにより。限定版にはDDONのコラボ用オマケコードも入っていた”らしい”ですが、集金ゲームと成り下がったク〇ドグマオンラインなんて二度とやらない。 まだMHF-Zの方が一部の過去課金防具のZ級対応+G券無償配布などで対応してくれるだけマシです(DDONの運営はMHF-Z運営の爪の垢でも煎じて飲むがよい)
一応、Dual Shock4の各ボタンの対応表が入っていたので、最初だけ利用します。

まずアバターのメイキング
あまり極端な調整はしない

一部の書き込みでキャラメイクしたアバターがゲーム中のグラとかけ離れてるというのを見たので、デフォルトグラフィクスから極端なパラメータ変更せずにカスタマイズしました。
←ゲーム中のMovieシーンは及第点。意図したとおりのアバターとなったので大満足。
右目:濃い青、左目:やや薄い緑色のオッドアイズで、FFXIからポニーテールが多かったのですが、新生モンハンに合わせイメージ一新で~す。
MHWに限らずパラメータを大きく変更しての 詳細な調整をしてもゲームプレイ中のアバターにほぼ反映されないか不細工wになるのは以前から知っていたので、MHWでもあまり大きな変更をせず作り上げました。 直近のゲームならFFXV COMRADESのアバターがいい例で、編集画面ではFFXIVを凌駕するほど精細で美しいグラフィクスですが・・・ゲームプレイ中は色以外、殆ど反映されていないような・・・w

MHWでは今までのモンハンシリーズとは全く別なシステムでオトモアイルーも含めカスタマイズに40分かかりました。色合い・メタリック仕上げなどマニアックというか、専門職でないとよくわからない調整項目まであるのは個人的には嬉しいですが、知らない人が調整するとゲーム中のキャラが意図していない仕上がりになるかも(ハゲ頭のメタリック仕上げとかww 見てみたいw)
もう毎回々セッティングしなくて済む

一番嬉しい。テスト版ではゲーム開始毎にいちいち設定を変更しないと自分好みの操作が出来なく これが一番イライラしていました。
設定変更すればSAVEされるので、あとは使ってみて不都合なら再変更したり音響効果もいろいろ設定して聞き比べてみます。
オトモアイルーはこれに決定

一匹しか従える事ができないので慎重に決めました。実際に飼っているニャンコに似せたかったのですが、毛並みにキジ柄やサバ柄がないので、黒白で顔は「八」模様と似せて作り上げました。
オトモアイルーも詳細に調整できるのに、一匹しか雇えないのが非常に残念です。
デフォルトのグラフィクスは「どこかで見たような、誰かに似てるような・・・?」が多いよね。ネット上でも『芸能人に似せた』というカキコが少なくないので、そう思ったのが私だけじゃないのでホッとしていますw
今回はモンハンらしくないキャラでプレイします。画像の通り、広瀬すずさんに似てるよね。
他にも「あゆ」に似たタイプとか、男性キャラもMHWではモンハンらしくないイケメンやナイスミドルが多いので男女混合の「芸能人似せのキャラクタPT」なんていうのもアリw

プレイ開始後のちょっとメモ
●自由探索はいつ可能になるか?
 HR2から可能で、採集活動以外にフィールドにいるNPCからバウンティ(調査クエ)を受けることもでき、従来のモンハンと違って RPGのように楽しめます。もちろん時間制限なしで大型種の討伐も可能となり思いっきり探索が可能となる。
●拠点アステラ到着までが長い・・・
モンハンじゃなく、別なゲームですね。SAVEはオートセーブ+拠点での任意セーブのデュアルなのでとても便利。
その他、未確認情報
かな~り先にならないと判明しませんが、MHP3の隠しモンスであったアルバトリオンがいる「らしい」けど、不確定情報なのでいないかもしれません・・・ 後半が楽しみ?(もしいればエスカドラ一式は絶対作りたい!)

●ストファイVとのコラボ
リュウとサクラが使える・・・装備や外見だけが変わると思っていたら、PVを見てびっくり。なんと波動拳でレウスを相手してるw 他のゲームの動作まで再現(実装)できるうようになっているのね。ストファイVのSAVEデータはあるけど、PS4の仕様で本体に該当するプログラム(インストールデータ)がないと、外部メディアに保存したSAVEデータを再インストールできないので、この場合は「他の誰か」とPTを組んでの参加となるそうです。
Horizon Zero Dawnとのコラボは装備だけでなくサンダージョーでもMHWに実装してほしいw

続きは、拠点アステラ到着など



共通テーマ:ゲーム

なんとMHWのパッケにMHF-Z特典が仕込まれていた(PS4のみ) [MHF-Z]

MHW購入特典

MHW発売日に公開されたようで事前告知が一切なかったのは、同じモンハンなので混乱を避けるためでしょう。HLコース7日分+アイルーC防具<見た目だけが変わる外装>が無料で貰えます。
MHF-Zの告知サイトを見たけど、いいことしか書いてないw 超越秘儀、極の型、穿龍棍・・・どれもG級に上がらないと取得できず、上がったと言ってすぐ取得できる訳でもない。
》はないわけ?
MHF-Zをプレイしている人たちのMHW特典は今のところない。同じCAPCOMのゲーム、同じモンハン系統なので双方で協力して個別特典ではなく、MHF-Zオリジナルモンスの一部をMHWに追加したり、何らかのイベントがあっていいのでは?
今ならHR1でもフレイムタイラントに挑めます!

年末に行った時の様子です。装備が貸与(固定)なので男女別クエとなりますが、内容も報酬も同じクエスト。フレイムタイラント・・・DQ型モンスかと思い珍しそうなので行ってみたらガッカリww
コイツがフレイムタイラントw

MHF-Zの場合、聞いたこともない他のゲームに出てくるようなモンスターの名称でも既存個体を利用したものが殆どで、何が出てくるかと思ったらイビルジョーの炎バージョンだったww
←ほぼ常時炎をまとっているので、接近戦ではテオのようにHPスリップが発生するため一撃離脱の繰り返しで倒しました。
立ち回りさえしっかりできていれば、フレイムタイラントはHPがかなり少ないので誰でも倒せるでしょう(秘伝書を取得しているなら装備すれば有利になります)
余った証でジョブ専用の秘伝防具を作ってみる

下位の特異個体討伐で貰える「序」が足りなくてガンスと双剣用の2着しかできませんでしたが、いつの日か再開したら集めて他の武器の専用防具も作ってみます(MHF-Zはもうやる事があまりないんですw)
MHWは順調に事前学習が進みました
製品版のオンラインマニュアルが公開され、イベントスケジュールは見やすいPDFでDL出来るようになっていたので攻略サイトとも合わせて仕様をよく理解してスムーズに進められるようにしています。
MHWはクエストクリア/失敗に関係なく、終了後にフィールド探索ができるのですね!(これもモンハン初となる新要素)・・・時間がいくらあっても足りなそうな予感。

MHWはキャンプにアイテムボックスが設置されているので採集活動が非常に楽になったゆとり仕様ですが、MHF-Zは広場内のアイテムボックスを使うのにEXコース(500円/月)と課金しなければならないので、MHWをプレイしてMHF-Zを初めてプレイした場合 憤慨w する人も少なくないと思います。 何かにつけて課金が発生する場合が少なくないのでその点は見極める必要もあります(あと、大もとがMH2べースなので古臭さに耐えられない人は止めたほうがよいです)
[雪]首都圏は木曜はまた雪?
雲行きが怪しくなってきましたが、今回は降っても少ないらしく、そもそも雪が降るか否か前日くらいにならないと解らないらしい(天気”予想”ですから・・w)
急に月末まで忙しくなって1/26を休みから出勤にしたので、2/1は天候に関係なく休みにしようか検討中。いずれにしてもどこかで休みを作ってMHWを堪能します。

●やっぱりディスク(パッケージ)版かな
もし。トラブルが発生した場合、DL版は再ダウンロードから再インストール+アップデート対応と、とても時間がかかる工程を余儀なくされてしまうリスクもあります。
ディスク(Blu-Ray)版もインストールしなければなりませんが、私は他ゲームと並走することがまずないので、微妙にですがお求めやすい値段になってきたのでディスク版・・・と考えが戻りました。いずれにしても、今回は初日購入を避け(人柱にならなかった)様子を見たのが正解だったと考えています。
もし、迷っていて「なにがなんでも早くプレイしたい」のでなければ、1ヶ月もすれば中古も出回るでしょうから、価格がこなれた頃を見計らってプレイするのもアリ(税込み9,000円近いのは家庭用ゲームソフトとして高すぎる。たぶんアップデート分まで考慮した価格なんでしょう)

続きは、連携が簡単になったPS4とYouTube(Live from PlayStationに動画配信したいのでチャレンジ、モンハンと直に関係ない内容です



共通テーマ:ゲーム

意外と釣りが面白いMHW [MHW]

釣りに初挑戦!

βテストも3回目となり、ネルギガンテも倒せたので大型の狩猟や武器練習ばかりでなくモンハンではお馴染みの採掘・採集・釣りもやってみました。
採掘はピッケル不要(常時装備)になったので利便性がグーンと向上、そして釣りはリアリティが増してとても楽しい。
かなり釣りやすくて誰でも楽しめる

疑似餌が常時装備されているのでポーチを圧迫することなく釣りを楽しめますが、なんか物足りない。攻略サイトで調べたら、他のモンハン同様に餌を変えることもできるとのことなので一安心。
そして。なんとMHWでは投網漁のように捕獲ネットを使ってまとめて?魚をとることも可能になったそうです。
製品版でもっといろいろな場所で釣ってみないとわからない部分も多いですが、モンハンの釣りにはスキルやLVが存在しなく手軽に楽しめるのが良いと思っています。
魚がかかった時は水面がバシャバシャしてDual Shock4が高速で振動するので、このタイミングで〇を押せば釣れます。
2種類の素材を一回でゲット

お魚そのものと「〇〇のヒレ」というアイテムがとれました。
FFXVのかな~り本格的な釣りと比べて
FFXVの釣りは本格的すぎて、ルアーや餌が適正でなかったり、適正LVでないと釣れなくてイライラしてきます(釣り上げるのにリアル時間もかなりかかる)その点、MHWの釣りは短時間で手軽に楽しめるのがGoodです!
魚のグラフィクスもMHW画質に合わせてリアリティもあるので、釣った魚は一瞬しか見れませんが視点を変えて見るのも楽しいです(釣りの時も視点変更が自由になり360°無段階で見渡せるようになったのも良い改善だと思います)
珍しい?お魚が釣れた(^^♪

ピンクバレクスという調査ポイントが15Pも貰える魚ですが、レアじゃないですね。 MHWではまれに『大物』が釣れるそうで、釣れると専用アクション+QTE(画面に押すボタンが表示される)になるとのこと・・製品版で、ぜひ釣ってみたい <゜)))彡
ピンクパレクスは古代樹の森・夜・初期キャンプ前の池で確実に釣れます(製品版でプレイ)これしか釣れなかったので、逆に他の魚がつれないかも。
「大物」は同じマップでケストドンがたむろしている海岸で釣れますが、QTEの操作指示に従わないと釣れないのかな(食らいつきはよいけど3回失敗しましたw)FFXVの釣りと違いラインが切れることもないので面白いです(釣り餌は変えることができます)

ゲーム内イベント(特にHorizon Zero Dawnとのコラボ)の殆どが2/9までですが、中にはHR13~指定もあるのでいろいろな情報を頭に叩き込んでいる最中w MHP3の時と同じくリアル優先で長くプレイする・・1/27時点で判明した情報だけでも、オンラインプレイの機能はMHF-Zを超えていますね。かつてのMH2オンライン同様にかなり長い期間遊べそうなので、来週の早い時点で私もMHWに参加します。今日はリアフレと午後から遅い新年会なんです[バー](帰宅時刻不明w

[むかっ(怒り)]予感・第六感的中(1/27)
アクセスが過度に集中してPSN爆発w障害、DL版のダウンロードに異常なくらい時間がかかっているらしい、不具合でフリーズとか。
ゲームソフトを買って様々な要因で遊べないのって一番イライラしてムカつきます! ということで、私は2/1か2/2(ニーニーで勝手に猫の日、日本では2/22説があります)にデビューすることに決めました。今は、混乱状況を高みの見物でーすw
ついでに書いておくと3回も開催されたベータテストって、結局はMHW体験の位置づけだったのでしょ。何をテストしたのか『結果』が殆ど明確にされていなく、終始「評判を広めるため」だけが目的だったのじゃないのかな。もっと技術的な検証をしっかりしてほしい・・・けど、儲け第一主義のCAPCOMじゃ(他のタイトルも含め)無理でしょうね。

続きは、モンハンワールド開幕・・・課金アイテムもたくさん発売され予習中wなど



共通テーマ:ゲーム

渇欲のネルギガンテ、なんとかクリアできました [MHW]

何回チャレンジしたことか

たぶんですが、土曜の午後にクリアするまでにマルチPTで15回以上参加した(ソロは練習で6回)
←初期位置のキャンプが行きやすいで~す。あと、キャンプでしっかり食事もとってステータス強化してから挑みましょ!
ネルの弱点属性はです。ガンナーなら電撃弾が撃てるLボウガンもPTプレイなら悪くないかも(ソロじゃキビシイw)
バランスが良いPTでした

主さんがHボウガン、狩猟笛、ガンス、操虫昆(私)と私以外は古典的な武器構成のPTですが、狩猟笛の効果が大きかった。みなさん、間違いなくモンハン経験者の人たちで武器の扱いが的確&ネルがHP半分以下での回避がとてもうまく、キャンプ逝きは私ともう一人だけw
操虫昆なら「乗り」を2回以上決められるかがポイント
「乗り」に成功したら頭を徹底的に攻撃してダウンを狙う。「乗り」に慣れていなくてソロでネルやドスジャグラス、クルルヤックなどを相手にかなり練習しました。お蔭さまで製品版で操虫昆をすぐ実践投入できます。
エキスで強化する意味もやっと理解できました。エキス=草花とかで採れるのかと考えていたらモンスに印弾を当てた部位から採取するのですね(だから敵モンスとのバトル中以外はエキスによる強化が出来ない)
MHF-Zで穿龍棍を使い込んでいるプレーヤーなら、操虫昆の空中戦もすぐ慣れると思います(MHWではR2+×でジャンプするので操作に慣れる必要はあります)
「乗り」は優遇されるわけでない点に注意
乗った状態でのコンボや攻撃なんて ダメージ/ヒット を見ればわかる通り1とか4、頭で8と話にならないレベル。振り落とされて解除されてしまったら、ただ単に無駄な時間を費やしたのと同じ。
ネルに限らず乗ってばかりいるプレーヤーがいて『タゲが定まらい』ようなら、拡散弾や曲射撃ちなどで強制解除させるのも有りです(多用されると他のメンバに迷惑)
特にMH4系から始めた人たちと、PSP版やMHFで始めた人たちと考え方が違うと思うの。プレーヤーキック機能がついたのはMH4系からの悪質プレーヤー対策の一環でしょう(モンハン大辞典にも詳細に載っていたので読みました)
他の3クエと違う報酬『最難関突破おめでとうパック』

製品版に引き継げるアイテム。アイコンから”秘薬”と”落とし穴”が入っているのは解りましたが、右下の”紙”は、恐らく”報酬チケット”でしょう(これが一番嬉しい
上の画像は自分で募集した時の様子
ネルの尻尾切りも成功して、あとちょっと・・・のところで時間切れ。
ネル討伐は諦めずに何回もチャレンジすることですね! まだクリアできてないのなら『忍耐強く、諦めない』ことです。
今回、いろいろな人とPTを組んて、早い時点でサークル(=ギルド)に加入してみたくなりましたが、やはり実際にゲームを開始してから探してみます。チャットシステムにも慣れてきて、テキチャ+スタンプチャット、クリア後はアクションなど最新のチャットシステムがあるので、野良PTでもコミュニケーションをとるのが非常に楽しいですね!

さて。MHWにキリンもいるのが判明したので、MHF-Zの上位キリンを超ひさびさに狩りましたが、装備をHRに合わせ弱めにしないとダメだね(GやZ装備だと数発で倒せてしまう・・以前に、オトモとパートナーで倒してしまうので《出番がない》ww)

続きは、扱いやすくなった狩猟笛などです



共通テーマ:ゲーム

1ヶ月だけMHF-Zで遊んでみて [MHF-Z]

ラストは有人PTで〆

3人+主さんのパートナーでHR5剛種ベルキュロスのクエをラストにして1ヶ月だけ復帰したMHF-Zはプレイ終了です。全員G級で装備がまともな人たちだったので、その場で仕留めて完了。
←ギリギリで完成したレックスZの初披露。作りたてで課金ZP防具より微弱ながら物理防御が高い高性能な装備。
広場で目立ちすぎw
自由区でもこれを着用している人はまずいないので、恐らくクリックしてスペックを見られていると感じたので、ロビー装備で誤魔化して目立たないようにしましたw
今回は無料イベントのお蔭様で全ジョブGSR999(LV95)、パートナーも全て熟練度999で次のステップにすすめ、スキル枠拡張+スキルコスト増に加え複合スキルも取得できるようになったので満足な結果でした。
エルゼリオンは属性対策すれば楽勝♪

属性やられ対策で装飾品で+20、秘伝書の全耐性+19、防具ワンダレの全耐性+5の計+44で行ったら「属性やられ」にならなくて15分針で討伐。
←パートナーとLラスタのクロエは闇属性武器にしたら、エルゼの炎の部分が一時的にグレーとなり機能しなくなりました。
記念に作った灼零エルゼアクス

分類はG級武器ですが、強化できなくて一回の生産で完了します(その分、攻撃力がイベント武器並みに高い)
←火+氷という相反する属性攻撃が出来る武器。
もう防具の精錬をしなくてもGX珠が作れる

レックスZは素の状態では「豪放」が発動しないので、装飾品を埋め込み発動させました。三界の譲りを持つ装飾品は(今までは)防具の精錬からしか得られなかったのですが、工房で見たら・・・普通の装飾品同様に素材だけで作れるようになっていました。
今更・・・苦労して作り上げた、それもGX級防具を精錬してやっとの思いで作った人たちからすれば、呆れはてる以前の対応でしょう。これだったらハンターナビの防具精錬の項目も他の内容に変えたらと思いました。

たった1ヶ月のプレイでしたが、約8ヶ月前に比べ敷居がさらに下がったという印象です。ひいき目に言えばだれでも簡単に遊べるMHFになったわけですが、CS向けモンハンと同じく『努力しない人』(他人任せでPT募集してる人)、『課金装備で楽しようと考えている人』は、「いつか、どこかで」行き詰ります。

MHWはまだテストプレイのみなので ”正確な比較” はできませんが、それでもMHF-Zと比べるとやはり回復時の余計なポーズがとても鬱陶しくて「やってられない」という考えが強くなりました(特に闘技場と同じ条件となるような、移動できないマップでのバトル時に思います) 他にも、敵モンスの軸合わせが異様に速いのに、プレーヤー側は例えばコンボ技が終わった後での振りむきが遅すぎて被弾してしまう場合があるなど(穿龍棍のコンボや連打を終了してからの操作受付が遅すぎ)
まぁ、個人的には月額500円で丁度いいかな。やはり1,500円も払ってガッツポーズや腹たたきはみたくないw

続きは、苦労した「轟竜の極爪」集めなど



共通テーマ:ゲーム