So-net無料ブログ作成

MHWのテストプレイをした感想 [MHW]

mhw01.jpg ボルボロス vs ジュラトドス

26(火)は私用でお休みしたので、午後からMHWのマルチプレイ三昧でした。第二回は一回目と同じ内容と公に言っていましたが、ちょっと違うと思う(少し製品版に近づけたかも)
まず、ターゲット以外の大型モンスとの遭遇率がかなり高くなっていたと思う(シングルプレイでも遭遇しました)
↑ ボロス討伐のクエでジュラトドスと乱闘になったシーン
すごい迫力でした。ジュラトドスがボロスに巻き付いて蛇のようにぐるぐる回りながらボロスを締上げていました。対決中はどちらに攻撃してもダメージが入らないみたい。
画像のようにハングル文字の人もいたのでアジア圏の人もプレイできたのでしょうね(対象地域外だったハズですが?)
リオレウス vs アンジャノフ

今作で古代樹の森の主とされるリオレウスとの「火炎ブレス対決」は必見!プレーヤー度外視でしばらく喧嘩(縄張り争い?)していたよw
ちなみに、レウスはMH3シリーズのタイプだね。ただMHWでは高低差が大きいマップが多数あるのでマップ構造をよく把握していないと居場所がわかってもなかなかたどり着けないです(古代樹の森はシームレスで17マップの構成、遊びがいがあります)
テスト版では毎回初期化されるので成長という要素は体験できませんでしたが、ファミ通情報ではテトルーなど仲良し度が上がると遭遇する頻度があがるとか。オトモアイルーのオトモダチ能力はオトモといくクエスト回数が増え、いろんなのを仲間にしていると仲間にする確度が上がるらしいです(MHWにはいないでしょうが、ラージャンでも仲間にして一緒に戦ってほしいww)
製品版でハンターライフはどう変わるのか?
二等マイハウス

ゲーム開始時のマイハウスは相部屋で他のプレーヤーと一緒だそうです。
←シェアハウスのノリでしょうが、ゲームと言え嫌だね。さっさとストーリーを進めて自分専用の一等マイハウスに引っ越しする必要がありそう。
拠点アルテラの最上階『星の船』

総勢16人が入れるマルチエリア
※クエスト参加のみでなく星の船からマルチエリアなのでPlayStation Plus必須でしょう。
26(火)は、壊れる前にDual Shock4(銀色)をソフマップで買取に出してきました。ま、コントローラーだから壊れてしまったら修理しかないですが、そこまでして保持したくないという理由。スケルトンタイプ(無色)がなかったので、そのうち他のお店で調達します(赤・青のスケルトンタイプはあったけど、なんか不気味な見た目だったので買わないw)
待ち時間にファミ通(11/30版)のMHW特集を熟読したらCAPCOM公式Webサイトにも掲載されていないことまで書いてあり、ますます早くプレイしたくなっています[いい気分(温泉)]

以下、今までのモンハンと比べ、私として良いと思ったこと
砥石が常時携帯(∞個)で、なくなる心配がない
調合書廃止(常時100%調合)
回復時のガッツポーズなし(こんがり肉を食べる場合も同様)
 飲む動作はしますが、これは他のゲームでもあるので許容範囲です。
防具のスキル発動はパーツ単位で可能、かつLV制へ
接近戦・遠距離ジョブの防具全て共通化
 モンハン史上初となる防具の統合で、作成のための素材集めがぐっと楽になります!
上下の視点変更が無段階へ
 右スティックで自然に見渡せるのがとてもよい!

以下、ファミ通情報とモンハン大辞典の情報より
なんとMHF-Zのようにログインボーナス制度有り(ログインだから、これもPS Plus必須でしょうね)
MHF-Z同様に新モンスターがアップデートで追加されることも可能
フィールド上に調査員NPCがいる場合がある(バウンティ、調査の依頼をされる場合があるとか)
釣りにQTEシステムが導入、採集・採掘アイテムは別枠で常時所持(忘れる心配がない)
 虫は手でつかむそうですw(なんか・・・キモイ)

もちろん。良い点ばかりではないですが、良く思えない事項はまた改めます。とにかくMHWはMHP3以来、ワクワク感満載な感じです。MHWのテキチャ、ボイチャ周りなどシステム面でオンライン仕様に関してはMHF-Zを越えたね・・・もっとも10年前仕様のMHF-Zと比べても意味がないですw

続きは、MHWテスト版をプレイして不満な点


βテスト版でプケプケ討伐 [MHW]

プケプケに初遭遇!

攻略Wikiに『有人PTで行くと遭遇しやすい』と書いてあるので、ダメ元でドスジャグラスのクエで行ってみたら(開始はマップ1)キャンプを出て1分かからないうちに遭遇。
←みんな遠目に見てるだけだったので、私が先陣をきって戦闘をしかけたらみんなつづいてくれたわ。
募集主さんがHボウガン、スラアク2人、私がハンマーという4人PTで7分くらいで討伐できました。体感的にジャグラスとボロスの間位の強さ、怒り時の攻撃を喰らっても即死しないので、序盤で毒武器を作るのに適した相手でしょう(たぶん)
mhw02.jpg 逃げ足が早い

バトル開始して2分くらいで飛んで逃げましたが、一旦遭遇してしまえばマップにモンスターアイコンが表示され(自マキ発動と同じ状態)どこに行ったか分かるので、みんなで追いかけました。
ユニークな形相のモンスター

カメレオンと鳥が合体したようなモンスで、正面から見た顔が「鬼」みたいに見えてモンハンモンスにしては不思議な感じ。
正面から挑む場合は毒液に注意する必要があるけど強烈じゃないです(例えると下位ゲリョス程度のHPスリップなので落ち着いて解毒薬を使える)
テキストチャットが使いやすい!

キーボード接続ならReturnキーでテキストボックスが開いてすぐ入力できます。PS4の辞書を参照しているようで変換しても候補がすぐ見つかる今仕様なので、すごくチャットしやすい(MHF-Zの10年前辞書とは大違いw)
クエリタイアで他モンスを狩るのは暗黙の了解
第二回目ともなると、一回目と同じ内容で他の人も飽きたのかプケプケやレウスなどに挑むのは出発前に打ち合わせた訳じゃないですが、暗黙の了解みたいね。でも、スリルがあって楽しいです。
この後、アンジャノフを狩っていたらジャグラスが出てきて乱戦になりましたが、ジャグラスは無視してアンジャノフ狩りww 結局時間切れでしたが、アンジャノフは強いね(火炎ブレスでMHW初のキャンプ逝きになりました[あせあせ(飛び散る汗)]
MHF-Z秘伝書の恩恵?
MHWのハンマーも火力が高くて面白い。ハンマーはMHF-Zから始め、慣れてくると頭を狙って気絶や脚を狙い転倒させたりとPTプレイで有利になる戦法がとれるので面白い武器です。

続きは、ボルボロスのクエストでクルルヤックに初遭遇など


MHWの第二回テストはリタイアして探索活動しています [MHW]

アンジャノフ狩り

第一回のテストで初めて行った時の様子(片手剣で行きました)モンハンお決まりの「しびれ罠+大樽爆弾」という定番お遊びはMHWでも健在w
←このあと罠に引っかかったので、私が片手剣で起爆して爆破してやったww
討伐完了~

さすがにテスト版の貧弱な武器では4人PTといえ時間がかかりギリギリセーフといったところ。最後の方は全員《ゴリ押し》で倒してしまいました。
アンジャノフはイビルジョーを小型化したような見た目で、攻撃に似た動作もありますが捕食などはしないので、製品版では「ちょっと慣れてきたかな」の頃合いに「丁度いい相手となるでしょう」と思いました。
第二回テストはソロで探索中心に遊んでいます

ゲーム開始後に辿り着く古代樹の森、一部が溶岩地帯になっているのが段差上から眺められますが、降りてはいけないみたい。
←たぶんムービーに出てきた、溶岩地帯を逃げてゆくのはこの辺りでしょう。別な場所から降りれないか探しましたが、(テスト版では)行けなかった。
ガライーバ

MHWには小型種(いわゆる雑魚w)が多種追加され、さらに環境生物も豊富で古代樹の森は探索・採集・素材狩りのやりがいがあり、テスト版20分では到底周りきれませんね~
←沼にいたガライーバ×2匹をオトモアイルーと一緒に狩ってみました。かなり好戦的なアクティブモンスなので近づくだけで襲ってきます。
はやく製品版をプレイしたい!
MHWの武器操作にもいくらか慣れてきたので、逆にMHF-Zはあまりプレイしないようにしていますw(MHWはR2ボタンでガードや操虫昆のジャンプなどができるため)
ところで。MHWってHR(ハンターランク)制なんでしょうか?
→ ステータス画面の右側の項目、一番上にハンターランクってカナで書いてありました。ゆえにHR制です(最大値は不明)体験版では当然HR1ですww

続きは、クエリタイアでいろいろ試したてみた様子


DISSIDIA FF NTテスト版は実質的に序盤の体験版 [ゲーム(その他)]

好みのキャラでPTが編成できる

バトル開始前のショートムービーは操作キャラが喋る(字幕有り)
『喧嘩を売る相手を間違えたな』・・・ライトニングの強気な発言はFFXIIIのまま、いいね!この雰囲気。
テスト版は全キャラコスチューム固定です。マーテリア側、スピリタス側ともキャラクタが登場したタイトルで使用された、そのキャラのメインコスチュームがデフォルト(PSP版と同じ仕様)となっています。
ホーリーで決まり!

ヤ・シュトラはC.LV1からホーリーを撃てますが、威力バツグンで上手く決まれば画像のよう敵2体以上まとめて仕留められます。
今作でも魔法攻撃主体のキャラはその特性をよく把握しないとすぐやられてしまいます(物理攻撃に弱い)端的なのがシャントットで物理攻撃にものすごく弱い(所詮タルタルだから仕方ないww)
P.LVはプレーヤーレベルでどのキャラを使っても経験値が入り上がってゆき、C.LVはキャラクタレベルとなりキャラごとのLV。PTメンバとしてCPU担当としたキャラクタにも経験値が入るので操作キャラにしなくてもLVは上がってゆきますが、控えキャラには経験値が入らない仕組み。
召喚獣ラムウ

P.LV(←たぶんこっち)なのか、ストーリー進行も関係しているのか不明ですがP.LV6でラムウゲット。
←ひげがマンモスの牙みたいなじいさんw 次はシヴァかリヴァイアサンでしょう。
相変わらずギルが貯まりにくい[あせあせ(飛び散る汗)]
テスト版はフリーバトルはプレイできなくショップも利用不可、習得できるEXスキル技も限られているのでひたすら 3vs3 モードのスタンダードをプレイしていますが、貯まったのがたった197ギルww
テスト版はSAVE可能ですが製品版にデータが引き継げるのか?スクエニの公式サイトでは触れていませんが、この調子でLV上げしておきます。

イフリート召喚!

メテオストライク(なにがなんだかわからん)
やっぱ、こうこなくちゃ!!(ライトニングならオーディンの方が似合うでしょう)
:ライトニングの詠唱シーンが一番様になっていると思いました。最近のFFは死に際で自動召喚(FFXV)とか、召喚獣を呼び出してもプレーヤー+召喚獣(XII、XIII、XIVのソロ)とか変則的で全然面白くない(FF零式に至っては操作キャラの命と引き換えに召喚とかふざけてる)
:イフリートの必殺技はメテオストライク。どの召喚獣もHP攻撃となる必殺技がド派手で見ていて楽しい♪ 召喚は召喚ゲージが貯まるとタッチパッドボタンを押すことで発動可能、さらにCPU担当の仲間も召喚詠唱するので3人(3キャラ)同時に詠唱すれば、ほぼすぐに召喚獣を呼び出せます。

続きを読む


DISSIDIA FINAL FANTASY NT オープンβテスト版をDL [ゲーム(その他)]

オープンβテストは12/23 18:00から開始
MHWのβテストと違いテスト日と時間帯がとても限られていて、覚え方は《土日の18時から23時》
オンラインプレイもテスト版はPlayStation Plus不要で誰でもテスト(体験)できる仕様です(※製品版ではPlayStation Plusの加入が必須)
PlayStation StoreのDD NT製品版のカテゴリにある

ディシディアシリーズはFFの派生作品ですが、人気タイトルなので誰でもすぐわかるでしょう。
テスト期間外でもオープニングムービーが見れます

ファイナルファンタジーシリーズ永遠のテーマともいえる
光 と 闇

単刀直入で良いと思います。
マーテリア

FFシリーズの新キャラは機械を司る女神・マーテリアと対になる魔法を司る男神・スピリタス。
見るからに光と闇を表している。
ヤ・シュトラとティナ

アーケード版を除きPSPでしか発売されていないタイトルだったので、PS4ではFFXVと同等な精細で美しいグラになりましたね!新BGMと併せて「やる気十二分」だよ[グッド(上向き矢印)]
ライトニングもコスチューム一新!
う~ん・・・ライトさんがちょっと女らしくなって戻ってきたね。新コスチュームでいい雰囲気です。
そして。唯一ダサいのがゲーム開始時のメーカーロゴを「すくぇあえにっくす」、「こーえーてくも」と日本語の棒読みで読み上げる機能。 これは折角の新たなスタートとなるDISSIDIA FINAL FANTASYを台無しにしてると思う(クソゲーのオープニングでも、こんなダサいのはないよww)

続きは、一部のモードを除き序盤がプレイできるDD NTテスト版