So-net無料ブログ作成

海外でSONY α9が発表されました [デジモノや雑記など]

Eマウントにも”9”を名乗る機体

いずれは出るであろうと思っていたα9がついに正式発表されました。最初からフルサイズ 24MPixel Exmor-RSが搭載され高速連写を売りにした機種ですね。
一番喜んでいるのは海外の「予想屋」の人たちなんじゃないのw α7MkIIIなんて書いておけば、きっと当たるよw
それは別にして、タッチパネルにジョイスティックとUI(ユーザーインターフェイス)がα7系から変わり、α99IIに準じた仕様となりました。タッチパネルってプロの人たちに本当に必要なんでしょうかね?? (一部のメカオタクが騒いでいるだけのような気もしますが・・・)ジョイスティックは感度変更できるのか気になるところです。これもまだ噂や予想の範疇ですが、超高画素機となるα9R(?)なるカメラもいずれ発表されるでしょう(たぶん70MPixelオーバーでしょ?)
近いうちに日本でも公式発表されるでしょう

デジタルカメラ人気はすっかり衰えてしまった現在ですが、チャレンジャーのSONYは元気いいのがなによりです!
NEXからSONYらしさを感じSONY機一辺倒ですが、余裕があるならそろそろ超コンパクト廉価版のα5(?)なんていうのもリリースしてほしい。個人的にα55並みの使い勝手の良いFE廉価版が出ればい嬉しいかな(イメセンは既存の流用で構わないし、多機能は求めない)古くなったα7系を安く売るのと、新型の廉価機では意味が違います。
4/23 修正:α9などが国内で正式発表されました。
GWになったら最近のSONY品をチェックしたいので銀座のソニーショールームにでも行ってみようかな。今、どうなってるのでしょ?ビル解体で地下なのかショールームの公式Webサイトも見ましたが・・・行ってみればわかるでしょう[あせあせ(飛び散る汗)]
6/11 海外のいろいろなWebサイトで紹介され始めた

mobile01(チャイナ版impressのようなWebサイト)でα9で撮影されたサンプル写真や本体の画像など多数が紹介されています。
珍しく撮影サンプルが先に載っていて「打破常規」(常識を打ち破る)とか大げさな表現だけど、SONYはα9をフラッグシップマシンと公言していませんね~
中でもマウントアダプタでα9にCanonのEFレンズを付けてAFが機能する動画を見てびっくり。まず純正品と変わらぬ動作で、α9が電源ONのままEF40㎜から24-70㎜に変えても状態が維持されたまますぐ撮影できる様子など、何本か交換してテストしている状態が載っています。IS(手ぶれ補正)も機能するのにもビックリ(純正レンズじゃないので、ボディ+レンズのデュアル手ブレ補正は対応していないでしょう)この様子を見ているとマウントアダプタの進化を感じますが、特許などに抵触しないのでしょうか??

EF70-200mmF4ってコンパクトだけど細長くて見た目はカッコ悪いね。α9はEOS1D Xより2周り以上小さいですが、取り付けると鉛筆がついてるみたいに不細工な雰囲気w 重くても70-200mmF2.8 ISなどを使っていた経緯もあって、やはり70-200mmの白レンズはがっしりしたタイプが好みです(実際は見た目でなく、使用目的で選んでいます)

続きは、FE12-24mmF4が追加されましたなど(5/18追記



共通テーマ:趣味・カルチャー