So-net無料ブログ作成

1ヶ月だけMHF-Zで遊んでみて [MHF-Z]

ラストは有人PTで〆

3人+主さんのパートナーでHR5剛種ベルキュロスのクエをラストにして1ヶ月だけ復帰したMHF-Zはプレイ終了です。全員G級で装備がまともな人たちだったので、その場で仕留めて完了。
←ギリギリで完成したレックスZの初披露。作りたてで課金ZP防具より微弱ながら物理防御が高い高性能な装備。
広場で目立ちすぎw
自由区でもこれを着用している人はまずいないので、恐らくクリックしてスペックを見られていると感じたので、ロビー装備で誤魔化して目立たないようにしましたw
今回は無料イベントのお蔭様で全ジョブGSR999(LV95)、パートナーも全て熟練度999で次のステップにすすめ、スキル枠拡張+スキルコスト増に加え複合スキルも取得できるようになったので満足な結果でした。
エルゼリオンは属性対策すれば楽勝♪

属性やられ対策で装飾品で+20、秘伝書の全耐性+19、防具ワンダレの全耐性+5の計+44で行ったら「属性やられ」にならなくて15分針で討伐。
←パートナーとLラスタのクロエは闇属性武器にしたら、エルゼの炎の部分が一時的にグレーとなり機能しなくなりました。
記念に作った灼零エルゼアクス

分類はG級武器ですが、強化できなくて一回の生産で完了します(その分、攻撃力がイベント武器並みに高い)
←火+氷という相反する属性攻撃が出来る武器。
もう防具の精錬をしなくてもGX珠が作れる

レックスZは素の状態では「豪放」が発動しないので、装飾品を埋め込み発動させました。三界の譲りを持つ装飾品は(今までは)防具の精錬からしか得られなかったのですが、工房で見たら・・・普通の装飾品同様に素材だけで作れるようになっていました。
今更・・・苦労して作り上げた、それもGX級防具を精錬してやっとの思いで作った人たちからすれば、呆れはてる以前の対応でしょう。これだったらハンターナビの防具精錬の項目も他の内容に変えたらと思いました。

たった1ヶ月のプレイでしたが、約8ヶ月前に比べ敷居がさらに下がったという印象です。ひいき目に言えばだれでも簡単に遊べるMHFになったわけですが、CS向けモンハンと同じく『努力しない人』(他人任せでPT募集してる人)、『課金装備で楽しようと考えている人』は、「いつか、どこかで」行き詰ります。

MHWはまだテストプレイのみなので ”正確な比較” はできませんが、それでもMHF-Zと比べるとやはり回復時の余計なポーズがとても鬱陶しくて「やってられない」という考えが強くなりました(特に闘技場と同じ条件となるような、移動できないマップでのバトル時に思います) 他にも、敵モンスの軸合わせが異様に速いのに、プレーヤー側は例えばコンボ技が終わった後での振りむきが遅すぎて被弾してしまう場合があるなど(穿龍棍のコンボや連打を終了してからの操作受付が遅すぎ)
まぁ、個人的には月額500円で丁度いいかな。やはり1,500円も払ってガッツポーズや腹たたきはみたくないw
「轟竜の極爪」狙いならボウガンがお薦め!
クエスト中に確認できない極爪の部位破壊

頭や尻尾ならNPCの台詞と見た目(尻尾なら切れた状態になるから誰でもわかるw)で判断できますが、何故か極爪の部位破壊は成功してもログウィンドにNPCの台詞が出なく、グラも変わらないので報酬画面でしか確認できません。
弓とHボウガン以外の全ての武器で試みましたが、動きやすいLボウガンで拡散弾と徹甲龍弾の全LVを撃てる(さらに貫通弾全LVが撃てるなら理想的)ボウガンが頭と極爪破壊に向いていると思います。
天廊武器のLボウガンを使いました。状態異常弾全て使えない代わりに電撃弾と通常弾から拡散弾まで全LV撃て、攻撃力が750くらいの高性能なボウガンです。
★天廊武器は作成時はイマイチですが、自分でカスタマイズできて強化すると見違えるように運用できる便利な武器。
頭も壊れにくい辿異種ティガレックスww

元々、咆哮が強烈でドタバタ移動、その場で回転とか、噛みついたりwとか、マヌケな攻撃が多彩で憎めないヤツですが辿異種の場合は噛みつかれると、確実に出血状態異常になってしまうのでハンマーや笛でも頭を狙うのが難しい。
爆発系の弾丸でも100%命中出来ない事が多いので、後ろから貫通弾で頭まで通るように撃ち込めば、ほぼ確実に頭破壊できます。
辿異種調査依頼・轟竜 GR200~

冬休み中限定クエなので1/10メンテ前に終了するでしょうが、このクエと通常の辿異種★1のクエに同じ装備・同じNPCで行って比べたら調査依頼クエの方が、いくらか狩りやすいと思います。衝撃波を喰らっても出血状態異常になる確率がかなり低い、巣に帰る前に倒せてしまうなどが理由 (恐らく通常個体よりややHPも少ないはず)
辿異種★2のティガ

いくらか強力でHPも多いので10分針討伐は出来ませんでしたが、それでも15分針で討伐完了。相変わらず状態異常になりやすいので毒・麻痺・睡眠爆破でHPを削れば、他の辿異種よりかなり狩りやすい部類だと思います。
おぃ!こんな対策までされていた

MHF-Zの雪山マップはMH2のマップと同じ。殆どのモンスの巣となるマップ3は崖の上が通路になっていて、通路からの狙撃で一方的に狙える場合もある場所。ティガはブレス攻撃や上方への攻撃、球体状の爆発などの攻撃手段がないから格好の相手・・・と思っていたら画像のように狭い通路に飛び上がって咆哮しまくりw
止血玉だけ「今」風の仕様
止血玉はNPCも含めPTの「誰か」が出血状態異常になっている時だけアクティブになり使えます。その他の場合、辿異種ティガがいる・いないに関わらずグレーアウトして押しても使えないので無駄な消費が抑えられ、これだけ何故かMHW仕様になっています。
ポーチに弾丸専用枠が出来ていた

アイテムポーチは通常が20個+弾か状態異常や強攻撃の矢を入れる専用枠10個の計30個に変わっていました。
弾をもっと多く持ち込みたい場合は通常枠の空きにストックされるので、ガンナーにとって非常にありがたい改修です。
MHF-ZはさらにCS機のモンハンに近づいた感じ
去年、秘伝書の育成が統合され(武器ごとでなくなった)、HR帯のモンスが全般的に弱体化(遷悠種を除く)、私が休止している間に防具精錬しなくてもGX珠が作れるようになったりと、今まで時間も手間もかかった事が取り組み易くなったという印象です。あとはモンスターばかりでなく、プレーヤー側の操作(入力受付)を優先させるとか、もうちょいバランス面で遊びやすいようにしてほしい。

●昔のハンター(プレーヤー)は強かった
G級、Z級装備や遷悠装備、辿異装備がない時代のMHFで覇種モンスとか倒せる人達って、どうやっていたのでしょうね? ・・・今でも覇種テオ・テスカトル(HR6扱いw)なんて、一部のG級モンスより強烈で、熱対策してZ級装備でも、みなもとをつかわないと短時間で死んじゃいますw


共通テーマ:ゲーム