So-net無料ブログ作成

冬休みはMHF-Zでモンハン操作の復習をしておきました [MHF-Z]

エルゼリオンがバランス調整へ

「いつ」実施されるかは明言されていませんが、調整するそうです。
←通常古龍種と思えない程強力な戦闘能力があり、初戦でLラスタのクロエを入れて討伐まで24分くらいかかり、回復アイテムも残り僅かになったくらいの強敵。というか、強さのバランスがおかしいょ。
元気のみなもと使用で、G級遷悠種や★2までの辿異種より強烈な相手でしたが、グアンゾルムと違い”場外連行”などがないだけマシです。
G級アマツマガツチは第三形態まで移行する

MHF-Zの運営の手にかかるとこうなってしまうという例。バランスもク〇もなく、無用にHPが多くプレーヤー側と戦えないくらいまで距離をとって攻撃する性質があるので、ほぼ追いかけっこの繰り返しです。
GRP大量クエのG★3 HCゴゴモア連戦中ですが、マップ端まで移動や樹にぶら下がっての攻撃や移動回数が多すぎて、まともなバトルにならない(それでも火力任せのごり押しで5分針で終わらせてるw)HC銀レウス、HCデュラガウア、HCキリン・・・殆どがコレに該当してまともに戦えないMHF-Z仕様w
シャガル・マガラに呪われたww

G級シャガルのクエに行って、顔が真っ黒になっていた。狂竜ウイルスでこうなるのか?(HRではこうならない)
第二形態に移行する際にまばゆい光の柱が現れますが、これに巻き込まれると死亡確定(超高速でHPスリップ)ですが、変形時に一回使うだけなので、そろろそかなと思ったら離れて見ていればノーダメで過ごせます。
ジンオウガの打ち上げ同様にNPCは何故か死にませんw オウガと違い第二形態への移行なので動作が変わり、発動まで多少の時間もあるので慣れてしまえば喰らうことはまずないと思います。
今秋、MHF-Zに新武器が実装予定

MHF-Zは11年目を迎え新たなオリジナル武器が実装予定だそうです。
オリジナルってことは操虫昆やチャージアックスではないでしょう。穿龍棍は良いですが、・・・・妙な変チクリンな武器はやめてほしい。
公式メンバーズサイト(PS4)の新年の挨拶を見て
さすがにモンハンワールドとのことは一言も口にしなかったねw ただでさえ人口減少が続き、WiiU、Xbox360版がPCへ移行予定と2018年以降は険しい道のりなんじゃないのかな。
「これは!」とか「さすが!」って思わせる内容がないよw GSR999のジョブが増えてきたので継続しようか一瞬迷いましたが、やはりMHWのインパクトが大きいので予定通り連休明け1/9で再々…引退でーす。1500円払うならMHWのDXキット(追加キットのみ1,380円)を買う方が賢い選択と考えました(ディシディア NTもMHWが落ち着いた頃にプレイすることにしたので今月はMHW一択でーす)
MHF-Zは全ジョブGSR999になり(秘伝書、攻:LV95が最大で999になった瞬間にLV:MAXと表示されます)、心おきなく1/9で辞められます。
まぁ・・・一応強いかな。GSRが最大値になったため、縁がなくなるGRP大量クエのHCデュラガウア、ランスやハンマーでも0分針で仕留められる。
MHWの新情報が出てきたので、この3連休はMHF-Zのテオやダオラなども狩って練習しておきます。恐らくMHWに近い動作をするのはMHF-ZのHR5の通常(剛種)個体でしょうね。HCや覇種、G級はMHF-Zオリジナル動作が付加されているので、既存モンハンと動作や能力がかなり異なります。
秘伝開眼奥義を使ってみた
キックボタンで発動

武器をしまって、PS4ならタッチパッドボタンを押すと発動する。
←召喚体制に入ったのかと思うくらい、FFの召喚詠唱にそっくりなシーンw 範囲攻撃となりますが、操作キャラから一定の範囲なので外れるリスクもあるため麻痺・気絶・転倒中に狙うとよいでしょう。
秘伝開眼奥義はマイハウスで秘伝書にセットする
最初、超越秘儀と同じようにアイテム選択ウィンドで選べるのかと思ってクエにいったらどこにも見当たらないので、いったんゲームを終了してPCからオンラインマニュアルで調べました(MHF-Z 秘伝開眼奥義 PS4版マニュアル)
地面が割れ下からの範囲攻撃

六華閃舞とちがって地味なエフェクト(MHF時代からの「昔奥義」だから仕方ないw) FFXIのストンガを地味にしたような見た目で、偉大な効果ってのは体感しませんでした。
それなりに効果はある

辿異種★1ティガレックスで試しましたが、一撃で仕留められなかった。でも、恐らくHP半分以上のダメージは与えられた感じ。実際、画像のように隣のマップで仕留められ、いつもの半分の時間でクエスト完了しました。
秘伝開眼奥義はリアル1日一回使用できる(昼12時の更新)
なんかFFXI開幕当時の”2時間アビ”(今もこうなのか知りませんw)のノリだね。
2018年は地味な更新になりそうな感じのMHF-Z
今更な部位破壊調整

毎回々、絶対的にテストや調整不足が慢性していてスケジュール優先で進めた結果でしょう。
部位破壊だけでなく、特定アイテムのドロップ率も改善してほしい。
なぜ調整が必要なのか?

それは敵モンスが優先して行動するようなプログラムに対し、操作キャラが回復時のガッツポーズなど10年前仕様のままだからです。
MHWをプレイしてみれば一目瞭然の差であり、いくらMHF-Zチームが改良を加えようがこの仕様の違いの溝は永遠に埋まりません。
img06.jpg 2月に辿異種が追加

2/7頃ならMHWの新マップ情報が攻略サイトで充実し始める頃でしょうから、MHF-Zのコンテンツなんて注目されないと思うのw
←トリドクレスの辿異種バージョンでは??
旧「天廊」コンテンツの代わりに実装され、「今」は有人PTほぼ必須といった感じの狩煉道(天廊と違い全てのNPC同行が不可のようです) もソロで行けるように調整されるそうです。サービスが不具合で停止したり、再開したりといつものように本番稼働テストと同じ状況ですね(安定していない)

公式PVを見たら、やはり辿異種初期4体は難し(過激)すぎての反省で、辿異種レウスから★1(個体によって★2まで)は、大幅に難度を下げたそうです。どうりで、辿異種ティガレックス★2も行きましたが、HPも多くなく15分で巣に帰すこともなく討伐できて、初期の辿異種ザザミなんかよりかなり楽というかバランスが良いと思っています(※辿異種ティガは耳栓強化していれば通常個体とあまり変わらないかも)

初期辿異種4体はどれも「やり過ぎ」感(ふざけるな!ってレベル)があるので調整すれば挑むプレーヤーも増えるでしょう。MHF-Zはたま~に遊ぶと面白いですが、新鮮味に欠けすぐ飽きちゃいます。


共通テーマ:ゲーム