So-net無料ブログ作成

メインクエ「理と絆」クリア [DDON]

「理と絆」(LV77~)

ポーンも含め全員LV77で行きました。ストーリーは最初と最後、要となる回はNPCが喋るのでそれなりに楽しい。
ラストバトルを思わせるNPCの台詞

『これが最終回』を思わせるセリフがゲストNPCから聞けました。今回もエリオット、リズ、ガルドリン、セシリーが一緒に戦ってくれるので8人PTで挑めます。
いよいよシーズン2の最終決戦!

赤い壁の向こうがボス戦マップ(ここへ入ったらもう戻れません)
ここまでの道中は階段を登っての移動が殆どでストーリーに関係ない雑魚もいますが、別に雑魚を倒さないと扉が開かないなどはないので途中から突破してすべて無視しました(いちいち倒していたら、この場へ到達するまで時間がかかりすぎるから)
精霊竜ウィルミア

登場時はMovieシーンとなります。細長い胴体はFFに出てくる水竜リヴァイアサンを連想しますが、胴体に短い脚がたくさんあるので昆虫系のモンスのようにも見えます。
←いよいよラスボス戦!スッゲーいい感じ。CAPCOMのRPG・・・??ドグマ以外、著名なタイトルってあった?w
CAPCOM、、ストファイにモンハン、ドグマ、バイオハザードしか思い浮かばないww 他に単発的なタイトルはあるけど本格的なRPGってドグマだけでは??
おっと・・・話をウィルミア戦に戻すと、動作パターンと設置される2個のクリスタルの仕組みを覚えてしまえば黒騎士よりはるかに簡単に倒せる相手です。ポーンは落下死がないので(落下しても近くに元の状態で復帰するため)、バトルに集中できましたが・・・自分が落下死しましたww
でも・・余裕で倒せた。回復アイテムも最初のうちだけ使いクリスタル設置後はパターンを覚えたのでノーダメで進行できました。
最初は順調に進む

うめきの竜晶とか、移動型機雷のような攻撃を仕掛ける事が多く、ウィルミア本体はたまに電撃ブレス(直線状で追尾しない)を吐く程度。
ウィルミアにひかれたら操作できなくなる

円形のバトルマップ上にはウィルミアが通過する軌道が白く表示されるのでそこにいなければよいのです。必ず直径となる最長距離でなく円周に近い場所を短く通過する場合もありますが、直線移動なので避けるのは簡単です。
↑バトル開始後、攻撃面で焦ってしまいウィルミアにひかれた様子w 突進に巻き込まれるとHPが段階的に削られHP0になり、これで一死。
そのまま場外落下w

この場面を見るまでコントローラーを操作しても何もできません
おかしいのはすでに死亡判定となっているのに、落下死で加算され2死扱い。いわゆる運営に都合よくプレーヤーに理不尽な仕様のまま。
回避が間に合わなくて、どうせ当たるなら円周に近い位置で当たった方がHP0にならないでしょうから、落下死(1死)だけで済むと思います。
2ヶ所に設置されるクリスタル

これの攻略が悩みました。この時点(第一形態)での行動パターンが解ったので、かわすのは簡単ですが設置したクリスタル上をウィルミアが通過すると、ゆるいホーミング性能がある電撃機雷となって高確率で操作キャラを狙って移動するので場外に落ちないようにかわしました。
クリスタルを攻撃することで光柱が大きくなる

この太さにしないとウィルミアにダメージが入らないのを5回くらいやって理解しましたw どちらか一方だけでもよいのですが、光柱が画像のように太くなっているのは時間制限があるので、ウィルミアがこちらに向かってきそうな直前に攻撃を当てる必要があります。
このクリスタルは光柱を出せなくても時間経過で消滅してしまいますが、2個なくなった時点で設置されるから失敗しても大丈夫です。
光柱に当たると大ダウン

ウィルミアのHPを大きく削れるのは、光柱に衝突しその後ダウンするので一斉攻撃。この繰り返しで一気にHPを削れます。
最期のあがき

うぉぉぉお!!いきなりド派手な場面になったw
←ウィルミアが力を溜めきる前に紫色の”魔封の竜晶”全てを削り切らないと全員場外にふっ飛ばされ、おそらくミッション失敗でしょう(クリア後に攻略wikiを見ました)
いろんなゲームをプレイしていると役立つこともあるw
直感で思い浮かべたのがFFXIVイフリート戦。「楔」を削りきらないとイフリートの激烈な火焔でPT全滅、クエスト失敗というあの場面・・・今回のウィルミア戦後半はまさにこれと同じ。
やっと終わった

ウィルミア討伐後はムービーとなります。倒されてしまったウィルミアは復活せず、静かに息を引きとっていきました。
「新しい世代」(LV77~)

短いようで、長かった・・・・フィンダム最後のメインクエストはイベントシーンのみです。浸食されオカしくなったウィルミアを倒し、守護竜が居なくなったフィンダムに新たな守護竜として誕生した精霊竜セシリー
「新しい世代」とはプレーヤーたちのことでなく、精霊竜となったセシリーの事だったのですね。これ以降、フィンダムに行ってもセシリーには会えません。
この後はシーズン2のオープニングムービーが再現されスタッフスクロールとなりエンディングですが、いよいよシーズン3が開幕となります。