So-net無料ブログ作成

突然発表されたモンスターハンターワールド(MHW) [ゲーム(その他)]

モンスターハンター:ワールド

突然の発表に驚きました。最初に動画を見た時「なんかモンハンみたいなゲームだけどなんだろう、真似たのかな?それともHorizon Zero Dawnの続編??」というのが第一印象。
その通り全く別なゲームと思えるほどになったモンハンワールド(略称はMHW)
このタイトルがモンスターハンターと理解できたのはPV最後の方で見れたおなじみ『こんがり肉』を焼くシーンでした。もう何回もこの動画を見てチェックしました。今までの ”しちりん風 肉焼き器” が、 ハイテク肉焼き器 になっていますねw
MHWではサブウェポンが装備できる?

動画35秒程で見れる、小型種を銃撃でけん制しているシーン。ハンターの左腕には、丁度DDONのジョブ・アルケミストが装備できる魔道篭手のような装備が見れます。
迷彩装備で恐竜をやり過ごす

葉っぱでできたカッパをかぶると周囲の植物と同化したような感じになり、敵モンスに気づかれにくくなるみたいです。これもDDONに例えるとフォレストゴブリンみたいw(ぜひやってみたい。これ、かぶって『タコヤキ』でも売るかなww
MHWのプレイング画面は実写に近くなった

←これはMHF-Zの辿異種アクラ・ヴァシム討伐の場面。画像(映像)を見比べてみるとMHF-ZはMH2シリーズからの見栄えをHG画質にして今までのモンハンで高画質としているので違和感はないですが、MHWはシリーズのオープニングムービーそのままの状態でプレイ出来るような感じで、まさに新生モンハンという印象を持ちました。
6/17時点 判明している既存シリーズとの違い(変更された仕様)の一部
・回復時のガッツポーズ廃止、こんがり肉を食べた際の腹たたきも廃止
・ペイントボールの撤廃
・敵モンスを攻撃した際にダメージ数値を表示(敵のHPゲージは表示されない)
・BCで装備変更が可能、BCはフィール内の複数存在する
・自由にクエストの目的に囚われず、オープンワールドに準じた遊び方もできる

最初から14種の武器が存在して、既存シリーズの全武器が扱えるそうです。ウワサ・憶測の範囲で・・・15種目の特殊な武器が存在するらしい → これはPVに出てくるロープ「スリンガー」の事かも。

7/3 初めてMHWのオトモアイルーの画像を見ました。ネコのぬいぐるみみたいw ですが、ちゃんとオトモだというのが解る。MHP3 HD版のオトモをMHWの画質に合わせてよりリアルにしたようなグラですね。オトモのステータス画面がかな~り本格的なのにびっくり。今後の詳細情報公開を待ちましょう!
リアルの生態系を導入

ドスジャグラスがアプトノスを丸のみしているシーン。このまま消化して食べてしまうのではなく、巣に帰ってから、吐き出して子ジャグラスに与えていました。
まさに弱肉強食の食物連鎖ですね。
初めて見るMHWの画面表示

プレイ動画で公開されたので「開発中の画面」でしょう。マップ表示が右上から左下に移動したのが今までのモンハンと大きな違いで敵に狙われているとマップ表示の円周部分が赤色になるそうです。
これ以外にQTEシステムも組み込まれているようで、何かのコンボなのか、ロープアクションなのかまではわかりませんでしたが、画面にでっかく押すボタンの組み合わせが一瞬表示されます。
特に変わったと思うのが 『お喋り』 しまくり! 今までのモンハンって掛け声やあいづちのみだったので、表示コメントの通りに喋ると別なゲームという感じがします。
軽くツッコミを入れると受付嬢と表示されていますが、受付がガイドもするわけ? ”ガイド”か”案内嬢”の方がしっくりくると思いました。
リオレウス強し!

6/20に公開されたプレイ動画で、実際にスタッフさん(これが・・・また、ものすごく下手クソww)たちが討伐に挑みましたが、諦めたっぽいw ゲーム開始時のオマケ程度の装備でレウスが倒せるくらいなら、存在する意味すらないと思うのでこれでよいと思いました。
そんなことより、MHF-Zなどこの程度のプレイレベルでテストされていたら・・・
『あ、やっぱりダメ』、『上手い人いるから、これくらい強くても誰か倒すだろ』、『あとから調整してアップデート対応できるから公開しちゃえ』どうせ、こんなレベルでしょ。
スタッフも初プレイ?

画面が4分割されて各プレーヤー視点の画面になっているのはPC側のソフトウェアでしょうね(MHWにこんな機能はいらない)
見ましたが、目的場所への到達が遅い、PTプレイがばっらばらで各自が勝手に攻撃している感じがして、これなら会場にいる誰かにテストプレイさせた方がよかったのでは?
6/20の実機プレイでわかった新たなこと
オンラインプレイはPlayStation Plus加入のみで遊べる
・水中バトルはない
川などで 泳ぐ・潜る はできるそうですが、水中で敵と対戦することはない
・VC(ヴォイスチャット)とTC(テキストチャット)両対応
 VCはPS4の機能を利用するでしょうね。テキストチャットのチャットウィンドウ表示は今後の情報公開を待ちましょう。MHF-Zのテキストチャットシステム(10年前の旧式w)には準じないと思います。コンポーネントもMHW専用でしょうから、DDONのテキチャ仕様にも準じないと思うので、どういうデザインなのか?こちらも非常に関心が高い。

MHWがオンラインPTプレイに対応しているので、MHF-Zの立ち位置が微妙になったように思いました。チャットもMHWは新しいシステムらしいので早く画面周りを見てみたいです。

7/7 MHF-Z10周年は空元気
MHWが今までのモンスターハンターシリーズから劇的な変化(進化)をしたのに、オン専用のMHF-Zは殆ど変わり様がないですね。CAPCOMはモンハンに限らずスケジュール優先で事を進める傾向が高いですが、MHF-Zのサービスを今後も継続するならもっと大胆な改革に近いコンテンツの改良が必要でしょう。なんか、パッケージ商品だけが独り歩きしている感じがして、今夏のこの内容なら復帰なんて論外(まだDDONをプレイしているほうがいいくらいw)
MHF-Zは、もしかしたらこのまま 完全引退 となるかもしれません。


共通テーマ:ゲーム