So-net無料ブログ作成
検索選択

隠世の茶室が開放されました [仁王]

隠世の茶室とは?

軍勢に参加したり(※変更可能)、武功と引き換えに姿を変更したり、店売りしていなアイテムと交換などが出来るようになります。
どこの軍に参加しようか?

ゲーム内通貨とアムリタが多く獲得できる豊臣軍が人気ですね! でも、私は半蔵の弟子のつもりwでプレイしているので、律儀に徳川軍に参加しました。
茶室で軍勢に参加するのはMHF-Zの狩人祭とほぼ同じ仕組み
軍勢は赤・白に別けられ7日ごとに各プレーヤーが獲得した武功(MHF-Zの魂と同じ)が集計され ランキングが更新されます。参加する軍勢ごとに得られる特別な効果があるので、勝ち負けよりゲームを進める上で有利になるスキルが発動する軍に参加するのが良いかもね。
姿写し

登場したNPC(全てではない)に容姿だけ変更できます(MHF-Zの外装と同じ)”中身”のグラを気にしなくて済むのがよいですね。
当然、見た目は服部半蔵にしましたが、中身は現時点で軽くて物理防御が高い混成防具です(全てレア度ピンクでLV53~)
コイツが河童w

仁王はデモソやブラッドボーンと同じアクションゲームなので、バトル中は(Dual Shock4のSHAREボタンの押しにくさと併せて)雑魚でさえスクショを撮る余裕もないくらい真剣。
←サブМ『落す者、拾う者』に出てくる河童。 可愛くないけれどムカつきもしない、不細工な妖怪w 攻撃力がほぼ無いに等しいくらいなので憎めないですね~
LV72になったので、LV上げは『消えた蘭奢寺(LV49)』を中心に近畿編のサブМをメインにしてオンラインプレイも含め連戦する時があります(『覇王と官兵衛(LV18)』は卒業しました)
日曜夜から「雪女ミッション」を開始しました。冬の京を意識したような和風マップが新鮮ですね!(個人的に、闘鬼伝2より仁王の方が断然面白いと思っています)
師匠対決、忍の道・中伝

忍の道、武の道、陰陽の道(福でなく召喚される妖怪や鬼を倒す)それぞれ”中伝”が開放されたので3つともクリアしました。
半蔵は2回目で勝てました

服部半蔵は忍術をタイミングよく駆使し、一撃離脱が速いので”まともに戦ったら”とてもじゃないけど倒すのが難しい(忍者らしく動くのはよく考えて作ったと思います)
で、どうしたら倒せるのかといえば、忍者ゆえ毒に弱い。
貸与された毒手裏剣を確実に当てれば半蔵は毒状態になるので、あとは攻撃の隙をみてたまに(適当にw)攻撃する程度で倒せました。
修行場に限らず、本作は「毒によるHPスリップ」、「属性やられ状態」は敵方もプレーヤーと同じくらいHPの減りが速いので効果抜群です。
半蔵先生から熱いお言葉

『忍の道は一日にして成らず』・・・なかなかいい響きですね!仁王はNINJYA GAIDENの開発チームも関わっているようなのでやり込むほどにダークソウル系とは 似て非なるゲーム という印象が強くなってきます。
ニャンニャンも仁王を見物w

うちのニャンコがゲーム画面を注意深く見ているってことは、仁王は良作です(言い切り!)
FFXV・MHF-Zと私がよくプレイしているゲームの画面はたまにみていて、バトル中は伸びあがって画面を叩いていますww

その後はTVの裏にまわって・・・恐らくTVの中に”何かいる”と考えているのかもしれないです(猫ゆえ、好奇心なのか、バカなのかw)
←『ニャン法 ひっかきの術 で、妖怪なんかやっつけてやるニャん』とばかり、たまに興奮して画面(ディスプレイ)を叩いています(おのれはオトモアイルーか!)

花粉だったのか、風邪だったのか? 完治しました。つきっきりで面倒を見てあげたので親密度がさらに増し、家の中では私が行くところに「とことこ歩いてついてくる」ので、可愛くて仕方ないんです。


共通テーマ:ゲーム